過去問.com

薬剤師国家試験 第99回 薬学実践問題(病態・薬物治療/実務、法規・制度・倫理/実務、実務)  過去問題 | 無料の試験問題

問題

初発の急性リンパ性白血病である21歳男性患者に対して、抗がん剤による寛解導入療法を実施することとなった。
治療後に発症する可能性のある腫傷崩壊症候群について、薬剤師がこの患者に説明することとなった。
薬剤師は、重篤副作用疾患別対応マニュアルを利用することにした。

重篤副作用疾患別対応マニュアル及びそれを利用した服薬指導に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 1 . 
当該マニュアルは、独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)のホームページから入手した。
 2 . 
当該マニュアルは、患者向け、医師向け、薬剤師向けの3部構成である。
 3 . 
この副作用を予防するために、十分に水分補給するように指導した。
 4 . 
体液を酸性側に傾けるための薬を服用することを説明した。
 5 . 
好発時期は、治療開始後1~2週目であることを説明した。
この問題の解説(1件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

選択肢1:○

選択肢2:×
マニュアルは一般向けと医療関係者向けの2部構成です。

選択肢3:○

選択肢4:×
体液が酸性に傾くのを防止するため、アルカリ性にする薬を使用します。

選択肢5:×
好発時期は、治療開始後12時間~72時間以内です。

2015/11/27 16:55
ID : bvzqzwhdqj
border line
薬剤師国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。