過去問.com
過去問.com  >   薬剤師 過去問  >   過去問題 一覧  >   薬剤師 過去問 第99回 一覧  >   薬学実践問題(病態・薬物治療/実務、法規・制度・倫理/実務、実務) 問題16751
問題

薬剤師 過去問
薬学実践問題(病態・薬物治療/実務、法規・制度・倫理/実務、実務) 問題16751

初発の急性リンパ性白血病である21歳男性患者に対して、抗がん剤による寛解導入療法を実施することとなった。
治療後に発症する可能性のある腫傷崩壊症候群について、薬剤師がこの患者に説明することとなった。
薬剤師は、重篤副作用疾患別対応マニュアルを利用することにした。

重篤副作用疾患別対応マニュアル及びそれを利用した服薬指導に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 1 . 
当該マニュアルは、独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)のホームページから入手した。
 2 . 
当該マニュアルは、患者向け、医師向け、薬剤師向けの3部構成である。
 3 . 
この副作用を予防するために、十分に水分補給するように指導した。
 4 . 
体液を酸性側に傾けるための薬を服用することを説明した。
 5 . 
好発時期は、治療開始後1~2週目であることを説明した。
この薬剤師 過去問の解説(2件)
0

正解:1.3

1 独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)のホームページから、重篤副作用疾患別対応マニュアルを入手することができます。
他にインタビューフォームや医薬品の回収情報なども入手できます。

2 重篤副作用疾患別対応マニュアルは①患者の皆様へ②医療関係者の皆様へ、の二部で構成されています。

3 腫瘍崩壊症候群は、腫瘍の急速な細胞崩壊のため、体内に尿酸やリン、カリウムなどが蓄積していきます。
これらを速やかに体外に排泄するために、大量補液や水分補給により尿量を確保する必要があります。

4 腫瘍崩壊症候群では体内に尿酸が蓄積するため、尿酸の析出を抑制する必要があります。尿酸は酸性なので、重曹などで尿をアルカリ化することで抑制することができます。

5 腫瘍崩壊症候群の好発期は、通常12~72時間以内です。

2017/06/06 02:07
ID : vycbkjhj
付箋メモを残すことが出来ます。
0

選択肢1:○

選択肢2:×
マニュアルは一般向けと医療関係者向けの2部構成です。

選択肢3:○

選択肢4:×
体液が酸性に傾くのを防止するため、アルカリ性にする薬を使用します。

選択肢5:×
好発時期は、治療開始後12時間~72時間以内です。

2015/11/27 16:55
ID : bvzqzwhdqj
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
border line
過去問.com 薬剤師国家試験の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ アプリ)から無料でご利用いただけます。
この薬剤師 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。