過去問.com

薬剤師国家試験 第99回 薬学実践問題(病態・薬物治療/実務、法規・制度・倫理/実務、実務)  過去問題 | 無料の試験問題

問題

30歳男性。全身倦怠感、食欲不振、下痢、体重減少を訴えて受診した。
HIV抗体が陽性であり、CD4陽性リンパ球の減少が見られた。
後天性免疫不全候群(AIDS)の診断を受け、薬物療法を開始することとなった。

この患者への治療に関する記述のうち、適切でないのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
治療目標は、血中ウイルス量を検出限界以下に抑え続けることである。
 2 . 
治療は、原則として、多剤併用療法で開始する。
 3 . 
治療により免疫機能の指標が改善したら、速やかに薬剤の服用を中止する。
 4 . 
患者に対して、日和見感染の予防と早期発見の方法を説明する。
 5 . 
抗HlV薬は併用薬との相互作用に注意する必要があるので、他医療機関を受診する際には抗HIV薬を服用中であることを申し出るように指導する。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

【答え】3

【現在のHIV療法の特徴】
 ・多剤併用療法(Highly Active Anti-Retroviral Therapy:HAART療法)が一般的に用いられます。
 ・治療目標は、根治的な療法ではなく、血中のウイルス量を検出限界以下にすることです。(完治・治癒は現在でも困難です。)
 ・服薬を中止すると、AIDSを再発してしまうため、HAART療法は、基本的に一生継続する必要があります。

【選択肢に対する説明】
 1:正.記載の通りです。
 2:正.記載の通りです。
 3:誤.現在、体内のHIVウイルスを0にするのは困難のため、薬剤の服用を中止すると、AIDSを再発する可能性があります。
 4:正.記載の通りです。
 5:正.記載の通りです。プロテアーゼ阻害薬はCYP3A4と親和性が高く、非核酸系逆転写酵素阻害薬は一部CYP3A4を阻害します。

2016/09/30 07:45
ID : stygaxnzvy
0

1:血中HIV-RNA量を検出限界以下に抑え、CD4陽性T細胞数を一定に保つことでAIDS発症を抑制します。

2:治療は3剤以上併用するHAARTと呼ばれる多剤併用療法が主です。

3:誤りです。ウイルス量が検出限界以下になったといっても体内のウイルスが完全に0になった訳ではないため、ウイルスの増殖を抑えることが目的である抗HIV薬の服用を急に中止することは不適切です。
中止した場合予後が悪化する可能性が高まります。

4:AIDSを発症するとCD4陽性T細胞数が大幅に減少するため日和見感染症を併発しやすいので、予防と早期発見の必要があります。

5:プロテアーゼ阻害薬はCYP3A4と親和性が高く、非核酸系逆転写酵素阻害薬は一部CYP3A4を阻害するため薬物相互作用に注意しなければなりません。

2015/02/11 20:42
ID : tbmoorvfu
border line
薬剤師国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。