過去問.com

薬剤師国家試験 第99回 薬学実践問題(病態・薬物治療/実務、法規・制度・倫理/実務、実務)  過去問題 | 無料の試験問題

問題

62歳女性。身長160cm、体重45kg。
体表面積1.5m2。20歳から60歳まで1日10本喫煙していた。
精査の結果、病期分類T2N2MOの肺がん(病理組織型X)と診断された。

臨床検査所見:
【末梢血検査】WBC 4,300/μL、Hb 10.4 g/dL Plt 15万/μL
【生化学検査】クレアチニンクリアランス75 mL/min
【腫傷マーカー】CEA 4.8 ng/mL(正常値 5 ng/mL以下)、SCC 0.2ng/mL(正常値1.5 ng/mL未満)、NSE 69.9ng/mL(正常値 9 ng/mL以下)

この患者の病態と治療に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 1 . 
腫傷増殖速度は極めて遅い。
 2 . 
非小細胞肺がんが疑われる。
 3 . 
重要な危険因子は喫煙である。
 4 . 
イリノテカン塩酸塩が治療薬の一つとして用いられる。
 5 . 
ケフィチニブが治療薬の一つとして用いられる。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

【答え】3,4(小細胞肺がんの診断マーカーNSEが高値を示しているので、小細胞肺がんが疑われます。)

【肺がんの特徴】
 肺がんは治療の方向性から大きく小細胞肺がんと非小細胞肺がんに分類されます。
 ・小細胞肺がん:増殖族度・転移速度が早いです。肺がんの約20%を占めます。
 ・非小細胞肺癌:肺扁平上皮がん、肺腺がん、肺大細胞がんにさらに分けられます。肺がんの約80%を占めます。

【治療薬】
 ・小細胞肺がん
  -PE療法:シスプラチン+エトポシド
  -PI療法:シスプラチン+イリノテカン
  -AMR療法:アムルビシン
 ・非小細胞肺がん
  -白金製剤を含む2剤併用化学療法(シスプラチン+ドセタキセルなど)
  -分子標的薬:ゲフィチニブ、ベバシズマブなど

【選択肢に対する説明】
 1:誤.小細胞癌は早期から血行性・リンパ行性転移するため腫瘍増殖速度は極めて速いです。
 2:誤.高値を示しているNSEは小細胞肺がんの腫瘍マーカーです。
 3:正.記載の通りです。
 4:正.イリノテカンは体内でSN-38に代謝されトポイソメラーゼⅠを阻害します。
 5:誤.ゲフィチニブは上皮成長因子受容体(EGFR)チロシンキナーゼを阻害する非小細胞癌治療薬です。

2016/09/30 07:46
ID : stygaxnzvy
0

肺癌は主に小細胞癌と非小細胞癌に分類されます。NSEとは小細胞癌のマーカーです。
非小細胞癌は更に扁平上皮癌・腺癌・大細胞癌の三つに分けられ、SCCは扁平上皮癌のマーカーになります。
したがってNSEが正常値を大幅に上回っていることより、小細胞癌が疑われます。

1:小細胞癌は早期から血行性・リンパ行性転移するため腫瘍増殖速度は極めて速いです。

3:発生部位が肺門である扁平上皮癌と小細胞癌は危険因子として喫煙が挙げられます。

4:多剤併用療法であるIP療法でイリノテカンとシスプラチンが用いられます。イリノテカンは体内でSN-38に代謝されトポイソメラーゼⅠを阻害します。

5:ゲフィチニブは上皮成長因子受容体(EGFR)チロシンキナーゼを阻害する非小細胞癌治療薬です。

2015/02/11 20:43
ID : tbmoorvfu
border line
薬剤師国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。