過去問.com

薬剤師国家試験 第99回 薬学実践問題(病態・薬物治療/実務、法規・制度・倫理/実務、実務)  過去問題 | 無料の試験問題

問題

62歳女性。身長160cm、体重45kg。
体表面積1.5m2。20歳から60歳まで1日10本喫煙していた。
精査の結果、病期分類T2N2MOの肺がん(病理組織型X)と診断された。

臨床検査所見:
【末梢血検査】WBC 4,300/μL、Hb 10.4 g/dL Plt 15万/μL
【生化学検査】クレアチニンクリアランス75 mL/min
【腫傷マーカー】CEA 4.8 ng/mL(正常値 5 ng/mL以下)、SCC 0.2ng/mL(正常値1.5 ng/mL未満)、NSE 69.9ng/mL(正常値 9 ng/mL以下)

この患者に以下のがん化学療法を実施することになった。
化学療法に関する記述のうち、適切なのはどれか。2つ選べ。

 1 . 
エトポシドの投与量は、この患者の体表面積から算出する。
 2 . 
処方1は、経時的に結晶が析出することがあるので、希釈をしないでそのまま急速静脈内投与するように提案した。
 3 . 
処方1の投与には、ポリ塩化ビニル製の点滴セットを使用する。
 4 . 
カルボプラチンの投与量は、目標とする血中薬物濃度時間曲線下面積(AUC)を決めて、カルバートの式を用いて計算する。
 5 . 
カルボプラチンの副作用を軽減させるために、投与後1日3,000mL以上の輸液を投与するように処方提案した。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

【答え】1,4

【選択肢に対する説明】
 1:正.抗がん剤の投与量の多くは体表面積当たりで計算されます。

 2:誤.エトポシドは急速静脈内投与により一過性血圧低下や不整脈を引き起こすことが報告されています。よってこれを防ぐために30~60分かけてゆっくり点滴静注する必要があります。

 3:誤.エトポシドは溶解性が低いため、ポリ塩化ビニルに含まれている可塑剤DEHPが溶出しカテーテルチューブの変性などを引き起こすため不適切です。

 4:正.カルボプラチンの主な有害反応である血小板減少は体内の薬物量AUCと相関し、AUCは腎機能と相関します。よってカルボプラチンの場合は 体表面積ではなく腎機能を指標として投与量を算出します。
カルバートの式とは「投与量=AUC×(GFR+25)」です。

 5:誤.副作用軽減のために輸液を投与する必要があるのはシスプラチンです。シスプラチンは腎機能障害を引き起こしやすいため、1~2Lの輸液を投与し尿量を増加させることで腎機能障害を軽減します。

2016/09/30 07:48
ID : stygaxnzvy
0

1:抗がん剤の投与量の多くは体表面積当たりで計算されます。

2:エトポシドは急速静脈内投与により一過性血圧低下や不整脈を引き起こすことが報告されています。よってこれを防ぐために30~60分かけてゆっくり点滴静注する必要があります。

3:エトポシドは溶解性が低いため、ポリ塩化ビニルに含まれている可塑剤DEHPが溶出しカテーテルチューブの変性などを引き起こすため不適切です。

4;カルボプラチンの主な有害反応である血小板減少は体内の薬物量AUCと相関し、AUCは腎機能と相関します。よってカルボプラチンの場合は 体表面積ではなく腎機能を指標として投与量を算出します。
カルバートの式とは「投与量=AUC×(GFR+25)」です。

5:副作用軽減のために輸液を投与する必要があるのはシスプラチンです。シスプラチンは腎機能障害を引き起こしやすいため、1~2Lの輸液を投与し尿量を増加させることで腎機能障害を軽減します。

2015/02/11 20:44
ID : tbmoorvfu
border line
薬剤師国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。