過去問.com

薬剤師国家試験 第99回 薬学実践問題(病態・薬物治療/実務、法規・制度・倫理/実務、実務)  過去問題 | 無料の試験問題

問題

48歳女性。身長160cm、体重65kg。営業職。
1年ほど前から胸焼けやゲップなどがあり、市販の胃腸薬で対応していた。
最近、その症状が改善されず、また、突然、咳込んだりすることがあったため、消化器内科を受診したところ、逆流性食道炎と診断され、以下の処方が開始された。
この患者の治療薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 1 . 
オメプラゾールの主たる代謝酵素は、CYP2C9であるため、ワルファリンとの併用は注意すべきである。
 2 . 
オメプラゾールの代謝に関して、日本人を含むモンゴル系人種で2%程度のPM(poormetabolizer)が存在する。
 3 . 
オメプラゾールの代謝に関して、EM(extensivemetabolizer)の患者では、PM患者より、症状の改善が期待できる。
 4 . 
患者に、噛んだり砕いたりせずに、服用するように指導する。
 5 . 
オメプラゾールの投与により、胃がんによる症状が隠ぺいされることがあるので、悪性でないことを確認して、治療することが重要である。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

【答え】4、5

【選択肢に対する説明】
 1:誤.オメプラゾールの主な代謝酵素はCYP2C19、ワルファリンの主な代謝酵素はCYP2C9です。
 2:誤.PMはアフリカ系アメリカ人で2.0~2.5%、モンゴル系人種で約20%と言われています。
 3:誤.EM患者は通常より薬物の代謝が促進されるため薬効は低下します。従って症状の改善はPM患者より期待しにくいです。
 4:正.オメプラゾール錠は全て腸溶錠です。そのため、噛み砕くことにより腸溶性が失われてしまいます。
 5:正.胃がんは胃酸分泌抑制を引き起こします。よってプロトンポンプインヒビター(PPI)であるオメプラゾールの胃酸分泌抑制作用により、胃がんの症状が隠ぺいされることがあります。

2016/09/30 07:48
ID : stygaxnzvy
0

1:オメプラゾールの主な代謝酵素はCYP2C19です。

2:PMはモンゴル系人種で約20%と言われています。

3:EM患者は通常より薬物の代謝が促進されるため薬効は低下すると考えられます。従って症状の改善はPM患者より期待しにくいです。

4:正解です。噛み砕くことにより腸溶性が失われてしまいます。

5:正解です。胃がんは胃酸分泌抑制を引き起こします。よってプロトンポンプインヒビター(PPI)であるオメプラゾールの胃酸分泌抑制作用により、胃がんの症状が隠ぺいされることがあります。

2015/02/11 20:45
ID : tbmoorvfu
border line
薬剤師国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。