薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

薬剤師の過去問 第16782問 出題

問題

病院における医療チームには、診療科ごとのチームのほかに栄養サポートチーム、感染制御チーム、裾惰対策チームなどの活動範囲が複数の診療科にわたる機能別のチームがある。
医療チームに関する説明について、正しいのはどれか。2つ選べ。
 1 . 
チームの治療方針は、チームの構成員が個別に設定した目標に基づいて決定する。
 2 . 
プライバシー保護の観点から、職能として知り得た患者情報はできるだけ共有しない。
 3 . 
薬剤が投与されていない患者についても、薬剤師がチームに関わる意義がある。
 4 . 
病院の診療科が少ない場合には、機能別の医療チームを構成する必要性が低い。
 5 . 
チームの構成員に、患者や家族を含めることも必要である。
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この薬剤師 過去問の解説(3件)

評価する
0
評価しない
正解:3.5

1 チームの治療方針は、目標は個別に設定するのではなく、チームで決定することが望ましいです。

2 できるだけ、患者の情報を共有することが大切です。

3 薬剤が投与されていない患者にも薬剤師は積極的に関わる必要があります。状況によっては薬剤の提案をします。

4 診療科目が少ない多いに関わらず、医療チームを作り患者の状況に合わせた医療を提供するべきです。

5 チーム医療のメンバーには患者やその家族も含まれます。
評価後のアイコン
2017/08/28 19:51
ID : vycbkjhj
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
【答え】3,5

【選択肢に対する説明】
 1:誤.チームの治療方針は患者中心のもとで設定した目標に基づき決定します。

 2:誤.患者の個人情報の漏洩には注意しますが、職能として知り得た情報はチーム間で共有することによってよりより治療を目指します。

 3:正.薬剤が投与されていなくとも、感染防止、衛生面などから薬剤師がチームに関わる意義があるといえます。

 4:誤.診療科の数に関係なく機能別のチームを組むことにより、患者に合わせた安全な医療を効率よく提供できるといえます。

 5:正.患者のみではなく、家族の意向を十分に反映した医療の提供を目指します。
評価後のアイコン
2016/09/30 08:12
ID : stygaxnzvy
評価する
0
評価しない
1:チームの治療方針はチームの構成員のみで個別に決定するのではなく、患者を中心として決定していきます。

2:職能として知り得た患者情報はチームで共有することにより、より質の良い医療を提供することができます。

3:正解です。薬剤の投与の有無に関わらず、感染症対策や衛生面において薬剤師がチームに関わる意義があります。

4:診療科の数に関わらず医療チームを構成することで患者中心の医療を提供できます。

5:正解です。医療チームは患者を中心として構成し、医療スタッフだけでなく患者の家族も構成員として治療方針を決めます。
評価後のアイコン
2015/02/12 14:09
ID : tbmoorvfu
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この薬剤師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。