過去問.com

薬剤師国家試験 第99回 薬学実践問題(病態・薬物治療/実務、法規・制度・倫理/実務、実務)  過去問題 | 無料の試験問題

問題

45歳男性。アトルバスタチンカルシウム錠10mgを1日1錠、就寝前に3週間服用していたところ、尿の色が赤褐色になったので、薬の副作用を疑った。
留意すべき血液検査項目はどれか。2つ選べ。

 1 . 
直接ビリルビン
 2 . 
クレアチンキナーゼ
 3 . 
ミオグロビン
 4 . 
低比重リポタンパクコレステロール
 5 . 
プロラクチン
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

【答え】2,3

【解説】
 スタチン系の服用中に尿の色が赤褐色になったので、横紋筋融解症が疑われます。

【横紋筋融解症について】
 横紋筋融解症とは、横紋筋細胞が融解し筋細胞内の成分が血中に流出する症状です。

 その結果、大量に流出したミオグロビン及び、筋肉細胞に多く含まれる酵素であるクレアチンキナーゼの値が上昇します。

 横紋筋融解症を引き起こす薬剤の主なものとして、脂質異常症治療薬のスタチン系薬剤・フィブラート系薬剤、および抗菌薬のニューキノロン系薬剤・キサンチン系薬剤などがあります。

【選択肢に対する説明】
 1:誤.胆管の閉塞が疑われる場合の検査項目です。

 2:正.記載の通りです。

 3:正.記載の通りです。

 4:誤.脂質異常症などの検査項目です。

 5:誤.視床下部・下垂体障害などの時に高値を示します。

2016/09/30 08:13
ID : stygaxnzvy
0

脂質異常症に用いられるフィブラート系やHMG-CoA還元酵素阻害薬は副作用として横紋筋融解症があり、主な所見として尿の色が赤褐色になることが知られています。

横紋筋融解症は骨格筋の壊死(融解)により筋細胞由来のクレアチニンキナーゼやミオグロビンなどが血液中に放出され、急激に上昇します。

この二つ以外にも乳酸脱水素酵素・アルドラーゼ・AST・ALT・K・P・尿酸などが上昇します。

2015/02/12 14:29
ID : tbmoorvfu
border line
薬剤師国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。