薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

薬剤師の過去問 第16786問 出題

問題

薬局にクレマスチンフマル酸塩シロップ(クレマスチンフマル酸塩の含有率:0.0134 w/v %)が在庫されている。クレマスチンとして1日量2mgを投与したい。
秤量すべきクレマスチンフマル酸塩シロップ・の1日量(mL)に最も近い値はどれか。1つ選べ。
ただし、クレマスチンフマル酸塩とフマル酸の分子量をそれぞれ 460 と 116 とする。
 1 . 
2
 2 . 
5
 3 . 
15
 4 . 
20
 5 . 
60

この薬剤師 過去問の解説(3件)

評価する
0
評価しない
正解:4

0.0134 w/v %には100ml中にクレマスチンフマル酸塩が13.4mg(0.0134g)含まれていることを表しています。

クレマスチンフマル酸塩とフマル酸の分子量をそれぞれ460と116であるので

13.4mg×(460 - 116)/460
=13.4mg×344/460
≒10mg 

よってクレマスチンフマル酸塩シロップ100ml中に、クレマスチン10mgが含まれています。

2:10=X:100
10X=200
X=20

これより、クレマスチンフマル酸塩シロップ20ml秤量すればクレマスチン2mgを投与することができます。

評価後のアイコン
2017/08/28 20:05
ID : vycbkjhj
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
【答え】4

【解説】
 1w/v%とは100ml中に1g入っているということです。
 
 0.0134w/v%よりシロップ100mL中に0.0134g=13.4mgのクレマスチンフマル酸塩が入っています。

 これをクレマスチンとして投与したいので、クレマスチンフマル酸塩13.4mgに含まれるクレマスチンの量を求めると、
 13.4×(460-116)/460≒10mg

 よって、シロップ100mL中にクレマスチンが10mg含有されていることになります。

 クレマスチンとして1日量2mg投与したいので、秤量すべきシロップは100mL×(2/10)=20mLとなります。
評価後のアイコン
2016/09/30 08:14
ID : stygaxnzvy
評価する
0
評価しない
0.0134w/v%よりシロップ100mL中に0.00134g=13.4mgのクレマスチンフマル酸塩が入っています。

これをクレマスチンとして投与したいので、クレマスチンフマル酸塩13.4mgにクレマスチンフマル酸塩に含まれているクレマスチンの分子量を掛けると
13.4×(460-116)/460≒10mg

よってシロップ100mL中にクレマスチンが10mg含有されていることになります。

ここで問題はクレマスチンとして1日量2mg投与したいので、秤量すべきシロップは
100mL×(20/100)=20mL
となります。
評価後のアイコン
2015/02/12 16:05
ID : tbmoorvfu
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この薬剤師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。