過去問.com

薬剤師国家試験 第99回 薬学実践問題(病態・薬物治療/実務、法規・制度・倫理/実務、実務)  過去問題 | 無料の試験問題

問題

内用液剤の一般的な調製に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 1 . 
粘調性の内用液剤は、メートグラスよりディスペンサーを用いた方が正確に秤量できる。
 2 . 
内用液剤の添付文書には、配合変化情報という記載項目が設けられている。
 3 . 
麻薬は、最初に秤量する。
 4 . 
秤量した薬液は、元の容器に戻さない。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

【答え】1,4

【選択肢に対する説明】
 1:正.ディスペンサーとは液体定量吐出装置であり、粘調性のある液剤の秤量に適しています。
 
 2:誤.添付文書には配合変化情報という記載項目はありません。配合変化についての情報は、インタビューフォームなどで調べることができます。
 
 3:誤.麻薬は、他の配合医薬品の秤量などを誤った場合を考慮して最後に加えます。

 4:正.記載の通りです。 

2016/09/30 08:15
ID : stygaxnzvy
0

1:正解です。ディスペンサーとは液体定量吐出装置であり、粘調性のある液剤の秤量に適しています。
メートグラスで秤量すると壁に液剤が付着し正しく秤量できません。

2:添付文書に配合変化についての記載はなく、インタビューフォームなどで情報を入手します。

3:麻薬は事故防止の観点から最後に秤量します。

4:正解です。一度秤量した薬液は衛生面を考慮し元の容器に戻さず廃棄します。

2015/02/12 16:13
ID : tbmoorvfu
border line
薬剤師国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。