過去問.com

薬剤師国家試験 第99回 薬学実践問題(病態・薬物治療/実務、法規・制度・倫理/実務、実務)  過去問題 | 無料の試験問題

問題

10歳女児。2日前から発熱(体温38.5℃)が続き、下痢および咽吐のため小児科を受診した。血圧低下、頻脈などの所見はみられなかった。この患児に輪液剤を投与する場合、細胞外液と細胞内液の両方の補給が可能な開始液(1号液)の組成として最も適切なのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
 2 . 
 3 . 
 4 . 
 5 . 
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

【答え】2

【輸液の分類】
 輸液は、Na濃度によって分類され、通常は、0.9%生理食塩水と5%ブドウ糖液を混ぜた比率によって、0号~4号に分類されます。

 0号のNa濃度は0.9%生理食塩水と等しく(5%ブドウ糖液を混ぜていない)、等張電解質輸液に分類されます。

 1号~4号のNa濃度は0.9%生理食塩水より低いため、低張電解質輸液に分類されます。

【低張電解質輸液のの特徴】
 ・1号輸液(開始液):Kイオンを含まず、緊急時の水分・電解質補給の第一選択です。(Na濃度は約70~90mEq/L)

 ・2号輸液(脱水補給液):電解質を多く含み、低カリウム血症や電解質不足時に用いられます。(Na濃度は約60~80mEq/L)

 ・3号輸液(維持液):水分・電解質の一日必要量が組成基準となっており、水分・電解質維持に用いられます。(Na濃度は約30~60mEq/L)

 ・4号輸液(術後回復液):電解質濃度が最も低く水分補給の第一選択で、Kイオンを含みません。(Na濃度は約30mEq/L)

【選択肢に対する説明】
 Naイオンの濃度とKイオンが含まれているかどうかで考えます。
 1:誤.生理食塩水
 
 2:正.1号液(開始液)

 3:誤.3号液(維持液)

 4:誤.4号液(術後回復液)

 5:誤.5%ブドウ糖液

2016/09/30 08:22
ID : stygaxnzvy
0

輸液には1~4号液があり、それぞれ組成に特徴があります。

1号液(開始液)…Kイオンを含まず、緊急時の水分・電解質補給の第一選択
2号液(脱水補給液)…電解質を多く含み、低カリウム血症や電解質不足時に用いられる
3号液(維持液)…水分・電解質の一日必要量が組成基準となっており、水分・電解質維持に用いられる
4号液(術後回復液)…電解質濃度が最も低く水分補給の第一選択

この場合1号液を選べばよいので、Kイオンを含まず生理食塩水をブドウ糖液で1/2~2/3に希釈した組成が正解になります。
生理食塩水の組成が選択肢1のNa+154、Cl-154であることから、その1/2~2/3の値である選択肢2が正解になります。

1:生理食塩水
2:1号液(開始液)
3:3号液(維持液)
4:4号液(術後回復液)
5:5%ブドウ糖液

2015/04/14 16:33
ID : tbmoorvfu
border line
薬剤師国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。