薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

薬剤師の過去問 第16799問 出題

問題

医薬品による事故を防ぐための記述のうち、適切なのはどれか。2つ選べ。
 1 . 
散剤秤量時には、散剤調剤鑑査システムを活用する。
 2 . 
装置びんへの散薬の補充は、2人の薬剤師でダブルチェックを行う。
 3 . 
薬剤交付時、本人確認は患者の名字で行う。
 4 . 
注射剤の調製後は、針刺し事故防止のためリキャップする。

この薬剤師 過去問の解説(3件)

評価する
1
評価しない
3:誤りです。同じ名字の患者に薬剤を間違って交付することを防ぐために、本人確認は必ずフルネームで行います。

4:誤りです。リキャップによる針刺し事故を防ぐために、注射剤調整後はリキャップを行わず針を捨てます。
評価後のアイコン
2015/04/15 14:50
ID : tbmoorvfu
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解:1.2

1 散剤調剤監査システムにより医薬品の取り間違いや秤量ミスを防ぐことができます。

2 装置ビンへの充填は補充する者とそれを監査する者との二人で行う必要があります。

3 苗字だけでは患者を特定できないため、フルネームでの確認が必要です。

4 リキャップする際に針刺し事故を起こす可能性があるため、原則リキャップは禁止です。
評価後のアイコン
2017/08/28 20:54
ID : vycbkjhj
評価する
0
評価しない
【答え】1,2

【選択肢に対する説明】
 1:正.記載の通りです。

 2:正.記載の通りです。

 3:誤.同じ名字の患者に間違って薬剤交付することを防ぐために、本人確認は必ずフルネームで行います。

 4:誤.リキャップ時の針刺し事故を避けるために、注射剤の調整後はリキャップを行わずに針を捨てます。
評価後のアイコン
2016/09/30 08:26
ID : stygaxnzvy
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この薬剤師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。