過去問.com

薬剤師国家試験 第99回 薬学実践問題(病態・薬物治療/実務、法規・制度・倫理/実務、実務)  過去問題 | 無料の試験問題

問題

治療薬物モニタリング(TDM)に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 1 . 
タクロリムスは、血清試料を用いて測定する。
 2 . 
アミカシン硫酸塩は、血中濃度を一定に維持する投与方法が望ましい。
 3 . 
ジゴキシンを測定対象とした時の採血は、定常状態に達した後の追加投与前が望ましい。
 4 . 
血清バンコマイシン濃度が、ピーク値として60μg/mL以上の時、有効治療域となる。
 5 . 
血清リチウム濃度のトラフ値が2.0mEq/Lを超えたときは、減量・休薬が必要となる。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

【答え】3,5

【TDMについて】
 TDM(薬物治療モニタリング)は有効治療域が狭い薬物や体内動態の個人差が大きい薬物に対して行います。
 TDMにより、用法・用量を個人に合わせた最適なものにします。

【選択肢に対する説明】
 1:誤.タクロリムスは赤血球に分布するため、TDMは全血中濃度で測定します。

 2:誤.アミカシンはアミノグリコシド系抗生物質で、一回の投与量を多くし、ピークの血中濃度を高めた方が効果が高いです。

 3:正.TDMの採血は原則、最低血中濃度を示す追加投与前に行います。

 4:誤.バンコマイシン濃度の有効治療域は25~40μg/mLであるため、ピーク値として60μg/mLだと中毒域となり不適切です。

 5:正.トラフ値とは定常状態における最低血中濃度のことであり、追加投与直前の値です。リチウムは0.6~1.2mEq/Lが有効域であるため、2.0mEq/mLを超えたときは減量・休薬し血中濃度を低下させます。

2016/09/30 08:27
ID : stygaxnzvy
0

1:誤りです。血液中のタクロリムスは赤血球画分に分布するため、TDMは全血中濃度で測定します。

2:誤りです。アミカシンはアミノグリコシド系抗生物質で、一回の投与量を多くし、ピーク血中濃度を一定水準以上に高めることで有効性を確保します。

3:正解です。
原則的に採血は最低血中濃度を示す追加投与前に行います。
ジゴキシンの場合は服薬後6時間以上経過してからが望ましいです。

4:誤りです。バンコマイシン濃度の有効治療域は25~40μg/mLであるため、ピーク値として60μg/mLだと中毒域となり不適切です。

5:正解です。
トラフ値とは投薬してから8時間以上経過した時点での血中濃度のことであり、リチウムは0.6~1.2mEq/Lが有効域です。
よって2.0mEq/mLを超えたときは減量・休薬し血中濃度を低下させます。

2015/04/15 14:51
ID : tbmoorvfu
border line
薬剤師国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。