過去問.com

薬剤師国家試験 第99回 薬学実践問題(病態・薬物治療/実務、法規・制度・倫理/実務、実務)  過去問題 | 無料の試験問題

問題

医療安全確保のため、病院での採用医薬品品目数を増やさない努力をすることが奨励されている。今回、薬事委員会でジフルコルトロン吉草酸エステルクリーム0.1%を採用することになり、同種同効の医薬品を採用品目から削除することとなった。削除対象として適当な薬剤はどれか。1つ選べ。

 1 . 
ジフェンヒドラミンラウリル硫酸塩軟膏4%
 2 . 
プレドニゾロンファルネシル酸エステルゲル1.4%
 3 . 
クロタミトンクリーム10%
 4 . 
クロトリマゾールクリーム1 %
 5 . 
フルオシノニドクリーム0.05%
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

【答え】5

【ステロイド外用薬の分類】
 ステロイド外用薬は、抗炎症作用と血管収縮機能の強さによって以下の5段階に分類されます。

 ・Strongest(最も強い)
  クロベタゾールプロピオン酸エステル、ジフロラゾン酢酸エステルなど

 ・Very Strong(とても強い)
  ジフルコルトロン吉草酸エステル、フルオシノニドなど

 ・Strong(強い)
  デキサメタゾン吉草酸エステル、プレドニゾロンファルネシル酸エステルなど

 ・Medium(中間)
  トリアムシノロンアセトニド、酢酸ヒドロコルチゾンなど

 ・Week(弱い)
  ヒドロコルチゾン酢酸エステル、デキサメタゾン酢酸エステルなど


【選択肢に対する説明】
 1:誤.ジフェンヒドラミンは抗ヒスタミン薬です。

 2:誤.プレドニゾロンはstrongに分類されるステロイド薬です。

 3:誤.クロタミトンは鎮痒薬です。

 4:誤.クロトリマゾールはアゾール系抗真菌薬です。

 5:正.フルオシノニドはvery strongに分類されるステロイド薬です。ジフルコルトロン吉草酸エステルもvery strongに分類され、同種同効のため、フルオシノニドを削除します。

2016/09/30 08:28
ID : stygaxnzvy
0

ジフルコルトロンはステロイドの外用薬です。
ステロイド外用薬の強さは、強い順に「最強(strongest)、非常に強力(very strong)、強力(strong)、中程度(medium)、弱い(weak)」と5段階にランク付けされており、ジフルコルトロンはvery strongに分類されます。

1:誤りです。ジフェンヒドラミンは抗ヒスタミン薬です。

2:誤りです。プレドニゾロンはstrongに分類されるステロイド薬です。

3:誤りです。クロタミトンは鎮痒薬です。

4:誤りです。クロトリマゾールはアゾール系抗真菌薬です。

5:正解です。フルオシノニドはvery strongに分類されるステロイド薬です。

2015/04/15 14:52
ID : tbmoorvfu
border line
薬剤師国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。