過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第一種 衛生管理者の過去問「第19660問」を出題

問題

筋肉に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
 1 . 
筋肉の縮む速さが速ければ速いほど、仕事の効率は大きい。
 2 . 
筋肉は神経からの刺激によって収縮するが、神経より疲労しにくい。
 3 . 
荷物を持ち上げたり、屈伸運動を行うときは、筋肉が長さを変えずに外力に抵抗して筋力を発生させる等尺性収縮が生じている。
 4 . 
強い力を必要とする運動を続けていても、筋肉を構成する個々の筋線維の太さは変わらないが、その数が増えることによって筋肉が太くなり筋力が増強する。
 5 . 
刺激に対して意識とは無関係に起こる定型的な反応を反射といい、最も単純な反射には、膝蓋腱反射などの伸張反射がある。
( 第一種 衛生管理者試験 平成27年10月公表 労働生理 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この過去問の解説(2件)

評価する
11
評価しない
選択肢1の筋の収縮の速さが適当なとき、作業効率が大きい。早ければ早いほど・・・は誤りです。

選択肢2の筋肉の疲労は神経より疲労しやすいため誤り。

選択肢3の荷物を持ち上げたり、屈伸をする時の筋の収縮を等張性伸縮であり、等尺性伸縮ではないので誤りです。

等尺性伸縮とは、手で荷物を持ったり、鉄棒にぶら下がったりなど筋の長さを変えず収縮(緊張)させることをいいます。

選択肢4の強い力を必要とする運動を続けた場合、筋線維1本1本の太さが太くなり筋力が増強するが、数が増えるわけではないので誤り。

選択肢5は記述通りである。従って正解は5。
評価後のアイコン
2016/11/08 00:15
ID : arejxammu
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
8
評価しない
正解は、5.が正しいです。

1.× 「速ければ速いほど」ではなく、「適当なときに」となります。

2.× 「神経より疲労しにくい」ではなく、「神経よりも疲労しやすい」となります。

3.× 「等尺性収縮」ではなく、「等張性収縮」となります。

4.× 「筋線維の太さは変わらない」ではなく、「筋線維が肥大化して」となります。

5.〇 刺激に対して意識とは無関係に起こる定型的な反応を「反射」といいます。
単純な反射としては、膝蓋腱反射などの伸張反射があります。
評価後のアイコン
2017/07/01 13:10
ID : grxjoutt
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この第一種 衛生管理者 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。