過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第一種衛生管理者の過去問 令和3年4月公表 関係法令(有害業務に係るもの) 問9

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
粉じん作業に係る次の粉じん発生源のうち、法令上、特定粉じん発生源に該当するものはどれか。
   1 .
屋内の、ガラスを製造する工程において、原料を溶解炉に投げ入れる箇所
   2 .
屋内の、耐火物を用いた炉を解体する箇所
   3 .
屋内の、研磨材を用いて手持式動力工具により金属を研磨する箇所
   4 .
屋内の、粉状のアルミニウムを袋詰めする箇所
   5 .
屋内の、金属をアーク溶接する箇所
( 第一種 衛生管理者試験 令和3年4月公表 関係法令(有害業務に係るもの) 問9 )

この過去問の解説 (2件)

評価する
59
評価しない

正解は(4)です。

特定粉じん作業は多岐に渡りますが、最低でも下記代表例を覚える様にしてください。

①屋内で屋内の、セメント、フライアッシユ又は粉状の鉱石、炭素原料、炭素製品、アルミニウム若しくは  酸化チタンを袋詰めする箇所業

②鉱物等を動力(手持式動力工具によるものを除く。)により破砕し、粉砕し、又はふるい分ける箇所

③屋内の、研磨材を用いて動力(手持式又は可搬式動力工具によるものを除く。)により、岩石、 鉱物若しくは金属を研磨し、若しくはばり取りし、又は金属を裁断する箇所

④屋内の、手持式溶射機を用いないで金属を溶射する箇所

⑤屋内の、鉱物等、炭素原料又はアルミニウムはくを動力(手持式動力工具によるものを除く。)により破砕し、粉砕し、又はふるい分ける箇所

(粉じん障害防止規則 別表2より抜粋)

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
7
評価しない

【解説】

 特定粉じん障害防止規則第4条第に定める発生源であり、この設問では4.が該当します。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この第一種衛生管理者 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。