過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種 電気工事士の過去問「第10012問」を出題

問題

問題文の画像
 1 . 
回転速度は変化しない。
 2 . 
回転しない。
 3 . 
回転速度が減少する。
 4 . 
回転速度が増加する。
( 第二種 電気工事士試験 平成25年度下期 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この過去問の解説(5件)

評価する
6
評価しない
「4」が正答です。

三相誘導電動機の無負荷の回転速度は、ほぼ同期速度に等しく、同期速度は以下の式で表されます。

同期速度 Ns[min⁻1]=120f[周波数]/p[局数]

上記の式に周波数を当てはめると、周波数が50Hzの場合より、60Hzのほうが回転速度が増加することが分かります。
評価後のアイコン
2017/08/23 22:51
ID : uoobqeqp
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
同期速度は極数に反比例し、電源周波数に比例するという法則があるので、電源周波数が50から60になった場合の速度も比例して上がる事になりるので・・

 ※同期速度=120×電源周波数/電動機の極数

答えは「4」となります。
評価後のアイコン
2015/07/01 09:36
ID : xvnfwkmc
評価する
1
評価しない
同期速度は、周波数に比例する法則を持っています。周波数が50Hzから60Hzに上がった場合、同期速度の回転数も増えるので、回転速度は上がることとなります。

※同期速度=120*周波数/電動機の極数

したがって、「4」が正解となります。
評価後のアイコン
2016/06/16 22:11
ID : nmcbwpgvua
評価する
0
評価しない
周波数とは1秒間に振動する回数のことです。振動数とも言いますが、電気関係では周波数と表記されます。負荷のない状態で運転(無負荷運転)しているので、抵抗なく1.2倍の回転をしていることになります。

よって4が正解です。
評価後のアイコン
2016/11/14 00:46
ID : vwtodshm
評価する
0
評価しない
この電動機は無負荷運転で、回転速度は同期速度と考えてよいので、
回転速度=同期速度=120×周波数/電動機の極数
より、回転速度は周波数に比例します。
したがって、周波数が上がれば、回転数も上がることになります。
評価後のアイコン
2016/04/08 22:35
ID : nmcbwpgvua
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この第二種 電気工事士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。