過去問.com

第二種電気工事士試験 平成25年度上期  過去問題 | 無料の試験問題

問題

A、B2本の同材質の銅線がある。Aは直径1.6[mm]、長さ20[m]、Bは直径3.2[mm]、長さ40[m]である。Aの抵抗はBの抵抗の何倍か。

 1 . 
1
 2 . 
2
 3 . 
3
 4 . 
4
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

電気抵抗は断面積に反比例します。
断面積は半径×半径×3.14なので、
A:直径1.6mmの銅線の断面積=0.8×0.8×3.14=2.0096
B:直径3.2mmの銅線の断面積=1.6×1.6×3.14=8.0384
Aの断面積がBの4分の1となり、電気抵抗は4倍となります。

一方、電気抵抗は長さに比例します。
A:直径1.6mmの銅線の長さ=20m
B:直径3.2mmの銅線の長さ=40m
Aの長さがBの2分の1になるので、電気抵抗も2分の1になります。

よって、4×1/2=2なので、Aの電気抵抗はBの2倍となりますので、「2」が正解となります。

2016/04/14 22:28
ID : nmcbwpgvua
0

直径が広ければ電流は流れやすいので抵抗は小さく、長さが長いほど抵抗を受け続けるので抵抗は大きくなります。

ただし、直径は断面積で考える必要があるので注意が必要です。
断面積は半径×半径×πで求まりますので、A:0.8×0.8×π、B:1.6×1.6×πより半径ごとに2倍と2倍で4倍、AはBの半分の長さなので抵抗は1/2。よって抵抗は4×1/2=2倍です。

したがって答えは2です。

2016/11/14 00:58
ID : vwtodshm
0

前提として、電気抵抗は長さに比例し、断面積に反比例するという事が必要となります。

という事は銅線の電気抵抗は長さと断面積によって抵抗値も変化するという事なので、それぞれの数値を求めていきます。

まず断面積を求めるには、半径×半径×3.14なので・・

A 0.8×0.8×3.14=2.0096
B 1.6×1.6×3.14=8.0384 となり、 反比例しAはBの4倍となります。

次に長さでは単純にAはBの1/2となるので比例して1/2倍となります。

よって答えはそれぞれを合わせて2倍となるので、「2」となります。

2015/07/03 23:47
ID : xvnfwkmc
border line
第二種電気工事士試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。