過去問.com

第二種電気工事士試験 平成25年度上期    第二種電気工事士 過去問 | 無料の過去問題

問題

一般用低圧三相かご形誘導電動機に関する記述で、誤っているものは。

 1 . 
じか入れ(全電圧)始動での始動電流は全負荷電流の4~8倍程度である。
 2 . 
電源の周波数が60[Hz]から50[Hz]に変わると回転速度が増加する。
 3 . 
負荷が増加すると回転速度がやや低下する。
 4 . 
3本の結線のうちいずれか2本を入れ替えると逆回転する。
この第二種電気工事士 過去問の解説(4件)
0

「2」が正答です。

三相誘導電動機の回転速度は、同期速度Ns[min⁻1]とほぼ等しく、同期速度は以下の式で表すことができます。
三相誘導電動機は問題として出題されやすい為、式は暗記する必要があります。

式・・・Ns=120f/p[min⁻1]
Ns:同期速度[min⁻1] f:電源の周波数[Hz] p:極数

式より同期速度は、電源の周波数に比例します。
比例することにより、周波数が60Hzから50Hzへ変わると回転速度は遅くなります。

2017/08/23 08:55
ID : uoobqeqp
付箋メモを残すことが出来ます。
0

60Hzを50Hzにするということは、周波数を少なくするということです。周波数が小さくなると山と谷の数が減るので、動きも少なくなります。よって、回転数は減少するので、増加するというのは間違いです。

よって2が答えです。

2016/11/14 01:03
ID : vwtodshm
0

周波数が大きくなるにつれ、回転数も多くなるため、「2」のように60Hzから50Hzになった場合、回転数は減少します。
よって、「2」が正解となります。

2016/04/19 21:17
ID : nmcbwpgvua
0

回転速度は周波数に比例するので、「2」のように周波数が減少すると、それに比例して速度も減少します。

よって、答えは「2」となります。

2015/07/04 17:47
ID : xvnfwkmc
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
border line
過去問.com 第二種電気工事士試験の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ)から無料でご利用いただけます。
この第二種電気工事士 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。