過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種電気工事士の過去問「第10051問」を出題

問題

[ 設定等 ]
低圧屋内配線の図記号と、それに対する施工方法の組合せとして、正しいものは。
   1 .
外径19[mm]の薄鋼電線管で露出配線として工事した。 回答選択肢の画像
   2 .
内径16[mm]の合成樹脂製可とう電線管で天井隠ぺい配線として工事した。 回答選択肢の画像
   3 .
内径16[mm]の硬質塩化ビニル電線管で露出配線として工事した。 回答選択肢の画像
   4 .
外径19[mm]の鋼製電線管(ねじなし電線管)で天井隠ぺい配線として工事した。 回答選択肢の画像
( 第二種 電気工事士試験 平成25年度上期 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
22
評価しない
露出配線と隠蔽配線の2種類がありますが、露出配線は点線、隠蔽配線は実線です。表記は内径です。

電線管の種類は( )の中で判断します。薄鋼電線管は何もアルファベットは入らずそのまま数値だけ入ります。ネジなし電線管はE、合成樹脂製可とう電線管電線管の種類はPF管とCD管があり、PF管は耐熱で、CD管はコンクリートに埋めて使います。硬質塩化ビニル電線管はVEで、対衝撃性が加わるとHIVEとなります。

答えは2です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
12
評価しない
まず回答の4つとも全て実線となっているので、点線で描かなければならない露出配線工事を行っている「1」と「3」は除外されます。

次に「4」は、ねじなし電線管を使用しているのでE19となるはずですが、19のみの記述なので除外されます。

よって、答えは「2」となります。
評価後のアイコン
評価する
4
評価しない
配線は実線となっていますので、天井隠蔽配線となります。露出配線は点線となります。よって、選択肢と一致するのは「2」「4」です。
また、カッコ内に配管種が書かれていますが、選択肢と一致するのは「2」「3」です。
したがって、両方一致する「2」が正解となります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この第二種電気工事士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。