第二種電気工事士の過去問
平成25年度上期
一般問題 問20

このページは問題個別ページです。
正解率や解答履歴を残すには、「条件を設定して出題する」をご利用ください。

問題

正解!素晴らしいです

残念...

この過去問の解説 (5件)

01

ネオン放電灯工事は、展開した場所または点検できる隠蔽場所での施工が必須となっています。点検できない隠蔽場所には施工できません。
その他、管灯回路はネオン電線を使用し、その電線の支持点間隔は1m以下となっています。ネオン変圧器の接地はD種接地工事となります。
したがって、「2」が正解となります。

参考になった数70

02

「2」が正答です。

管灯回路の使用電圧が1OOOVを超える場合の配線は、がいし引き工事によって、展開した場所または、点検できる隠ぺい場所に施設しなければなりません。
また、電線の支点間距離は1m以下、電線相互の隔離距離は6cm以上とします。

ネオン放電灯は、15Aの分岐回路か20Aの配線用遮断器分岐回路で使用します。


参考になった数29

03

ネオン変圧器の2次側(管灯回路)は、展開した場所か点検できる隠蔽場所に施設しなければならないので、答えは2です。

ちなみに、ネオン変圧器1次側への配線は15A分岐回路または20A配線用遮断器分岐回路とすることになっています。変圧器の外箱にD種接地工事もしなければなりません。

参考になった数16

04

ネオン放電灯工事は、展開した場所または点検できる隠蔽場所での施工が必須となっています。点検できない隠蔽場所には施工できません。
その他、管灯回路はネオン電線を使用し、その電線の支持点間隔は1m以下となっています。ネオン変圧器の接地はD種接地工事となります。
したがって、「2」が正解となります。

参考になった数12

05

ネオン放電灯の工事を行う場合は、展開した場所で配線工事を行わなければなりません。

よって、答えは「2」となります。

参考になった数7