過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種電気工事士の過去問「第10086問」を出題

問題

[ 設定等 ]
計器の目盛板に図のような表示記号があった。この計器の動作原理を示す種類と測定できる回路で、正しいものは。
問題文の画像
   1 .
誘導形で交流回路に用いる。
   2 .
電流力計形で交流回路に用いる。
   3 .
整流形で直流回路に用いる。
   4 .
熱電形で直流回路に用いる。
( 第二種 電気工事士試験 平成24年度下期 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
13
評価しない
計器の動作原理を表す記号で、今回の問題の記号は誘導形となります。「1」が正解となります。
なお、誘導形の他、可動コイル形、可動鉄片形、電流力計形、熱電形、整流形とあります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
8
評価しない
答えは「1」となります。

 ※一般家庭にある電力計を垂直に見た図とも言える記号となっています。
評価後のアイコン
評価する
4
評価しない
[1]が正解となります。

計器の動作原理を表す記号の問題です。

主な計器の分類は
①可動コイル形(直流)
②可動鉄片形(交流)
③誘導形(交流)
④整流形(交流)
⑤熱電形(直流・交流)
⑥電流力計形(直流・交流)

などがあります。
特徴ある記号ですので、見て覚えましょう。
ちなみに、
誘導形は、
「円盤にコイルを組み合わせた形」
・・・という感じに覚えます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この第二種電気工事士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。