過去問.com

第二種電気工事士試験 平成23年度下期  過去問題 | 無料の試験問題

問題

金属管工事において使用されるリングレジューサの使用目的は。

 1 . 
両方とも回すことのできない金属管相互を接続するときに使用する。
 2 . 
金属管相互を直角に接続するときに使用する。
 3 . 
金属管の管端に取り付け、引き出す伝染の被覆を保護するときに使用する。
 4 . 
アウトレットボックスのノックアウト(打ち抜き穴)の径が、それに接続する金属管の外径より大きいときに使用する。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

リングレジューサは、金属管を接続する穴が、使用する金属管より大きい場合に、その細い金属管を接続するために使用する材料です。
したがって、「4」が正解となります。

なお、「1」はユニオンカップリング、「2」はユニバーサルジョイント、「3」はブッシングとなります。

2016/05/16 18:37
ID : nmcbwpgvua
0

答えは「4」となります。

薄いドーナツのような形の器具で、取り付けるボックスの穴が菅よりも大きい場合に使用します。

2015/07/23 22:37
ID : xvnfwkmc
0

1の工具は、ユニオンカップリング
2の工具は、薄鋼電線管用ユニバーサル
3の工具は、ねじなしブッシング
絵を見て覚えておきましょう。

2015/05/05 15:12
ID : wsmpwgnp
border line
第二種電気工事士試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。