過去問.com

第二種電気工事士試験 平成21年度  過去問題 | 無料の試験問題

問題

図のような単相2線式回路において、c-c’間の電圧が100[V]のとき、a-a’間の電圧[V]は。
ただし、rは電線の電気抵抗[Ω]とする。

 1 . 
102
 2 . 
103
 3 . 
104
 4 . 
105
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

答えは「4」となります。

考え方としては、abと bcと a'b'と b'c'と cc' それぞれの電圧を合計すれば答えを出すことができます。

まずcc'は100Vで、abとa'b'は同じ数値で、bcとb'c'も同じ数値になるということはわかると思います。

よって、abと bcのみの数値を算出します。

 ab=15[A]×0.1[Ω]=1.5[V]
 bc=10[A]×0.1[Ω]=1[V] となります。

よって、全てを合計すると、

 100+1.5+1.5+1+1=105 となります。

2015/08/05 22:25
ID : xvnfwkmc
0

正解は 4 です。


a-a’間の電圧[V]は、電線の電圧降下を求めることで、導き出すことができます。

①a-b間の電圧降下V(ab)[V]を求めます。
a-b間の電流は、b-b’間、c-c’間に 5[A]、10[A]の電流が流れていることから、15[A]となります。よって、

V(ab)=15[A]×0.1[Ω]=1.5[V]

となります。

②a’-b’間も①と同様に考え、

V(a’b’)=15[A]×0.1[Ω]=1.5[V]

となります。

③b-c間の電圧降下V(ab)[V]を求めます。
b-c間の電流は10[A]の電流が流れていることから、

V(bc)=10[A]×0.1[Ω]=1[V]

となります。

④b’-c’間も③と同様に考え、

V(b’c’)=10[A]×0.1[Ω]=1[V]

となります。

以上より、a-a’間の電圧[V]は

V(a-a’)
=100+V(ab)+V(a’b’)+V(bc)+V(b’c’)
=100+1.5+1.5+1.0+1.0

=105[V]

よって、正解は 4 になります。

2015/06/07 16:42
ID : zrgzatnjfg
-1

正解は(4)です。

bb'間の電圧は以下のようになります。

0.1×10×2+100=102[V]

b'a'間の電流は以下のようになります。

10+5=15[A]

以上より、aa'間の電圧は以下のようになります。

0.1×15×2+102=105[V]

2015/08/29 22:12
ID : uocqmezxp
border line
第二種電気工事士試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。