過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種 電気工事士の過去問「第17862問」を出題

問題

図に示す雨線外に施設する金属管工事の末端A又はB部分に使用するものとして、不適切なものは。
問題文の画像
 1 . 
A部分にエントランスキャップを使用した。
 2 . 
A部分にターミナルキャップを使用した。
 3 . 
B部分にエントランスキャップを使用した。
 4 . 
B部分にターミナルキャップを使用した。
( 第二種 電気工事士試験 平成26年度下期 一般問題 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この過去問の解説(3件)

評価する
4
評価しない
答えは「2」となります。

電線管付属材料の性質に関する問題となります。

まずターミナルキャップは電線の保護を目的として主に水平に取り付けられた電線管の末端に取り付けを行う事が多いので、「2」は不適切となります。

エントランスキャップは主に雨水の侵入を防ぐための末端処理材料となるので、垂直配管で多く用いられますが、水平配管でも使用可能となる為「3」は問題なしとなります。
評価後のアイコン
2015/09/03 09:27
ID : xvnfwkmc
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
正解は 2 です。

基本的に、ターミナルキャップとエントランスキャップの使用区別は以下のようになります。

①ターミナルキャップは、水平な電線管の管端に取付けます。電線取り出し口の角度が垂直となっているため、垂直に敷設された電線管の端部に設けも、雨水の侵入を食い止めることができません。


②エントランスキャップは、垂直に立ち上がっている電線管の端部に取付けます。また、電線取り出し口が下向きとなっており、水平配管の雨水の内部侵入も防止できます。

よって正解は 2 になります。
評価後のアイコン
2015/09/07 17:07
ID : zrgzatnjfg
評価する
0
評価しない
正解は(2)です。

垂直配管の場合、Aの部分には、エントランスキャップを使用します。

水平配管の場合、Bの部分には、エントランスキャップ、ターミナルキャップどちらも使用することが出来ます。

よって、不適切な(2)が正解となります。
評価後のアイコン
2015/07/14 14:00
ID : uocqmezxp
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この第二種 電気工事士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。