過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種電気工事士の過去問「第28999問」を出題

問題

[ 設定等 ]
ビニル絶縁電線(単線)の抵抗と許容電流に関する記述として、誤っているものは。
   1 .
許容電流は、周囲の温度が上昇すると、大きくなる。
   2 .
許容電流は、導体の直径が大きくなると、大きくなる。
   3 .
電線の抵抗は、導体の長さに比例する。
   4 .
電線の抵抗は、導体の直径の2乗に反比例する。
( 第二種 電気工事士試験 平成28年度上期 一般問題 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
3
評価しない
正解は1です。

まず、許容電流とは、電線に電流を流すにあたって発生する熱により絶縁被覆が燃えないよう、安全に流せることができる最大値のことをいいます。

よって、周囲の温度が上がると、電線の温度が上がり危険な状態になりやすいため、
許容電流は、小さくなります。
「1」は間違いです。

許容電流は、電線の太さに比例して大きくなるので「2」は正しいです。

電気の抵抗は導体の長さに比例し、断面積に反比例します。
長さを2倍にすると、抵抗も2倍。
太さを2倍にすると抵抗は1/4。
よって、「3」と「4」も正しい記述です。



評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
「1」が正答です。

まず、電線の抵抗を直径で表した抵抗の公式
R(抵抗)=4×p(抵抗率)×L(長さ)/π×D(直径)二乗に当てはめると、抵抗は、導体の長さに比例しており、直径の二乗に反比例することが分かります。

次に許容電流は、導体の直径が大きくなると大きくなり、周囲温度が上昇すると、熱の放散が悪くなり、許容電流が小さくなります。

よって、「1」が誤りとなります。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
電線には絶縁皮膜が溶解したり発火したりする事を防ぐために許容電流という物が設定されています。

基本的に許容電流は導体の断面積と比例していて、周囲温度が上昇する反比例して許容電流は小さくなります

よって、真逆の記述となる「1」が誤った内容なので答えは「1」となります
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この第二種電気工事士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。