過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種電気工事士の過去問「第34032問」を出題

問題

[ 設定等 ]

  • 模試受験者一覧




単相3線式100/200V屋内配線の住宅用分電盤の工事を施工した。不適切なものは。
 1 . 
ルームエアコン( 単相200V )の分岐回路に2極2素子の配線用遮断器を取り付けた。
 2 . 
電熱器( 単相100V )の分岐回路に2極2素子の配線用遮断器を取り付けた。
 3 . 
主開閉器の中性極に銅バーを取り付けた。
 4 . 
電灯専用( 単相100V )の分岐回路に2極1素子の配線用遮断器を取り付け、素子のある極に中性線を結線した。
( 第二種 電気工事士試験 平成29年度上期 一般問題 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
7
評価しない
中性線が欠損や遮断されてしまうと負荷機器の抵抗による分圧で100Vを超える電圧が負荷機器に加わり、100Vの負荷機器だった場合に損傷するおそれがあります。
【4】の場合は素子のある極に結線をしているので間違いになります。
素子のない極に結線をすれば問題はありません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
単相3線式の配線に関する問題です。

1.正しいです。単相3線式配線の200Vの回路に用いる配線用遮断器は2極2素子でなければなりません。

2.正しいです。単相3線式配線の100Vの回路に用いる配線用遮断器に制約はありません。

3.正しいです。単相3線式配線では、開閉器の中性線には必ず銅バーをつける必要があります。

4.誤りです。単相3線式配線では、2極1素子の配線用遮断器の素子のある極を中性線につなげてはいけません。

ゆえに、4番が正解となります。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
「4」が正答です。

単相3線式で2極1素子の配線用遮断器を使用する場合は、素子のない極側に中性線を結線します。

素子のある極側に中性線を結線しているので、誤りであることが分かります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この第二種電気工事士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。