過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種電気工事士の過去問 平成29年度上期 一般問題 問19

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
特殊場所とその場所に施工する低圧屋内配線工事の組み合わせで、不適切なものは。
   1 .
プロパンガスを他の小さな容器に小分けする可燃性ガスのある場所 --- MIケーブルを使用したケーブル工事
   2 .
石油を貯蔵する危険物の存在する場所 ----------------------------- 600Vビニル絶縁ビニルシースケーブルを防護装置に収めないで使用したケーブル工事
   3 .
小麦粉をふるい分けする可燃性粉じんのある場所 ------------------- 硬質塩化ビニル電線管VE28を使用した合成樹脂管工事
   4 .
自動車修理工場の吹き付け塗装作業を行う可燃性ガスのある場所 ----- 厚鋼電線管を使用した金属管工事
( 第二種 電気工事士試験 平成29年度上期 一般問題 問19 )

この過去問の解説 (3件)

評価する
20
評価しない
可燃性ガスや粉じん、石油を貯蔵する場所においては金属管工事及びケーブル工事を施工できますが、MIケーブルとがい装ケーブルのみそのまま使用できます。
キャブタイヤケーブルは使用不可なので上記以外のケーブル工事をする場合は管等の防護装置に収めなければなりません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
17
評価しない
特殊場所の工事に関する問題です。

1.正しいです。プロパンガスなどの可燃性ガスが存在する場所では、金属管工事またはキャブタイヤケーブルを除くケーブル工事を行います。

2.誤りです。石油を貯蔵している場所では、金属管工事、CD管を除く合成樹脂管工事、MIケーブル工事などを行います。

3.正しいです。可燃性粉じんが存在する場所では、金属管工事、CD管を除く合成樹脂管工事、キャブタイヤケーブルを除くケーブル工事のいずれかを行います。

4.正しいです。可燃性ガスが存在する場所では、金属管工事またはキャブタイヤケーブルを除くケーブル工事を行います。

ゆえに、2番が正解となります。
評価後のアイコン
評価する
10
評価しない
「2」が正答です。

危険物の存在する場所でのケーブル工事は、がい(鎧)装ケーブルまたはMIケーブルを除き、管やその他の防護装置に収めなければなりません。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この第二種電気工事士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。