過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種電気工事士の過去問「第37821問」を出題

問題

[ 設定等 ]
図のように定格電流100Aの過電流遮断器で保護された低圧屋内幹線から分岐して、6mの位置に過電流遮断器を施設するとき、a-b間の電線の許容電流の最小値[ A ]は。
問題文の画像
   1 .
25
   2 .
35
   3 .
45
   4 .
55
( 第二種 電気工事士試験 平成30年度上期 一般問題 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
9
評価しない
「電気設備の技術基準の解釈」
第149条「低圧分岐回路等の施設」
の方で詳しく決められています。


低圧分岐回路には、次の各号により過電流遮断器及び開閉器を施設すること。

一.低圧幹線との分岐点から電線の長さが3m以下の箇所に、過電流遮断器を施設すること。ただし、分岐点から過電流遮断器までの電線が、次のいずれかに該当する場合は、分岐点から 3mを超える箇所に施設することができる。

イ.電線の許容電流が、その電線に接続する低圧幹線を保護する過電流遮断器の定格電流の55%以上である場合

ロ.電線の長さが8m以下であり、かつ、電線の許容電流がその電線に接続する低圧幹線を保護する過電流遮断器の定格電流の35%以上である場合

この問では分岐回路の長さが6mとなっていますので(ロ)の条件が当てはまります。
過電流遮断器の定格電流の35%以上とありますので100Aの35%という事で35Aが最小の許容電流となります。
なので正解は
【2】35
です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
「2」が正答です。

分岐回路の過電流遮断器は、分岐点から6mの位置にあります。

3mを超えて8m以下の位置に過電流遮断器を施設する場合は、分岐回路の電線の許容電流を幹線の過電流遮断器の定格電流の35%以上にしなければなりません。

従ってa-b間の電線の許容電流の最小値は、
I=0.35×100=35Aとなります。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
分岐回路に関する問題です。

分岐点から分岐先の過電流遮断器までの距離が8[m]以下である場合は、分岐回路に用いる電線の許容電流が幹線の過電流遮断器の定格電流の35%以上である必要があります。幹線の過電流遮断器の定格電流は100[A]ですから、分岐回路に用いる電線の許容電流は100×0.35=35[A]以上である必要があります。

したがって、正解は2番の35[A]です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この第二種電気工事士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。