過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種電気工事士の過去問「第37850問」を出題

問題

[ 設定等 ]
図は、鉄筋コンクリート造の集合住宅共用部の部分的な配線図である。この図に関するそれぞれの問いに対して、答えを1つ選びなさい。
配線図

⑧で示す部分の接地工事の種類及びその接地抵抗の許容される最大値[ Ω ]の組合せとして、正しいものは。なお、引込線の電源側には地絡遮断装置は設置されていない。
   1 .
C種接地工事10Ω
   2 .
C種接地工事50Ω
   3 .
D種接地工事100Ω
   4 .
D種接地工事500Ω
( 第二種 電気工事士試験 平成30年度上期 配線図 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
9
評価しない
配線図⑧より
⑧が接続されているのはP-L盤になっています。
このP-L盤の図面を見ると、引込からWh(電力積算計)、Whから各分電盤までの電路が記されています。この事からこの建物の引込開閉器盤という事が読み取れます。

接地抵抗ですが
「電気設備の技術基準の解釈」第17条において表にまとめられています。
この建物のP-L盤への引込は
動力が3Φ3W 200V
電灯が1Φ3W 100/200V
と書かれていますので300V以下の鉄台及び機器という事です。

なので接地工事の種類は「D種設置工事」になります。
D種接地工事は100Ω以下ですが、特例があり。

「ただし、低圧電路において、当該電路に地絡を生じた場合に0.5秒以内に自動的に電路を遮断する装置を施設するときは500Ω以下」
となっています。

しかしこの問題では
「なお、引込線の電源側には地絡遮断装置は設置されていない。」
とありますので。
正解は
【3】 D種接地工事100Ω
となります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
正解は3.になります。

まず、使用電圧が300V以下ということで、D種接地工事が確定します。

次に、地絡遮断装置がないことがわかるので、最大抵抗値は、100Ωとなります。
評価後のアイコン
評価する
2
評価しない
「3」が正答です。

⑧から電源側に辿っていくと、P-1、P-2は三相三線式200V電路、L-1は単相三線式100/200V電路であることが分かります。

どの電路も300V以下なので、接地工事の種類は、D種接地工事。
また、引込線の電源側には地絡遮断装置は設置されていないので、接地抵抗値は100Ω以下となり、組み合わせとして正しいものは、「3」となります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この第二種電気工事士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。