過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種電気工事士の過去問「第46152問」を出題

問題

[ 設定等 ]
電磁的不平衡を生じないように、電線を金属管に挿入する方法として、適切なものは。
   1 .
回答選択肢の画像
   2 .
回答選択肢の画像
   3 .
回答選択肢の画像
   4 .
回答選択肢の画像
( 第二種 電気工事士試験 令和元年度下期 一般問題 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
10
評価しない
電磁的平衡の問題です。
電磁的不平衡を生じると電線のまわりの磁束により、金属管に渦電流が発生し、金属管の過熱などが起こり、火災や短絡の原因になります。
そこで電線間で、電束を発生させないために、電流の行きと帰りの電線、つまり往復線を同一管内に収める必要があります。
よって、負荷に関して往復線が同一の金属管に収められている2番が正解です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
5
評価しない
電磁的平衡に関する問題です。

金属管工事を行う際に、単相2線式または3線式の電線はすべて同じ管に通す必要があります。3相3線式の電線の場合も、すべての電線を同じ管に通す必要があります。このように工事を行わなかった場合、電線の周りに発生する磁界の影響で、管が過熱されることがあります。このことから、2番が正解であるとわかります。
評価後のアイコン
評価する
4
評価しない
電磁的不平衡の問題です。

電磁的不平衡を生じさせないための条件
「1つの回路を同じ金属管に収める」

①1つの負荷に対して、2本の電線管が使用されているため「×」

②それぞれの負荷1つに対して、1本の電線管が使用させているため「〇」

③1つの負荷に対して、2本の電線管が使用されているため「×」

④1つの負荷に対して、3本の電線管が使用されているため「×」

正解:②
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この第二種電気工事士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。