第二種電気工事士の過去問
平成25年度下期
一般問題 問2

このページは問題個別ページです。
正解率や解答履歴を残すには、「条件を設定して出題する」をご利用ください。

問題

第二種 電気工事士試験 平成25年度下期 問2 (訂正依頼・報告はこちら)

問題文の画像

次の問題へ

正解!素晴らしいです

残念...

この過去問の解説 (5件)

01

正解は、5[A]なので「4」となります。

考え方としては比例と反比例の求め方と同じ考え方となるのですが、この場合は反比例して電流は流れる形となるので、6=50と、求めるI=60とを対比させていきます。

そうすると、I:6=50:60 という公式で表すことが出来ると思います。

これを計算すると、60×I=6×50となり、最終的にI=50×6/60=5[A] となるのです。

参考になった数242

02

「4」が正答です。

コイルに流れる電流は、周波数に対して反比例します。従って、周波数が大きくなると電流は小さくなります。
この問題の場合、50Hzから60Hzへと周波数が大きくなっており、電流は6Aより小さくなります。

反比例する関係より、求める電流をI[A]とすると、
次の対比より値を求めることができます。

I:6=50:60 60I=300 I=5[A]となります。

参考になった数76

03

周波数を変化させた時のコイルに流れる電流は周波数に反比例するので、周波数が50[Hz]から60[Hz]に増加すると、それに反比例して電流の値は減少します。
つまり、50:60=I:6
    I=50×6/60=5[A]
正解は【4】となります。

参考になった数42

04

正解は 4 です。

①コイルの誘導性リアクタンスX(Ω)を求めます。

X=V/I=100/6=50/3

② ①の値を使用し、コイルの自己インダクタンスをL(H)を求めます。

L=X/2πf=(50/3)/(2π×50)=1/6π

③周波数が60Hzのときの誘導性リアクタンスX(Ω)を求めます。

X=2πfL=2π×60×1/6π=20

④以上から、答えの電流I(A)を求めます。

I=V/X=100/20=5

よって、正解は 4 になります。

参考になった数39

05

コイルに流れる電流の値は、周波数に反比例します。
したがって、50Hzで6Aなので、60Hzだと5Aとなります。
「4」が正解となります。

参考になった数30