過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種電気工事士の過去問 平成25年度下期 一般問題 問20

問題

このページは問題閲覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
問題文の画像
   1 .
同じ径の硬質塩化ビニル電線管(VE)2本をTSカップリングで接続した。
   2 .
合成樹脂製可とう電線管(PF管)内に、電線の接続点を設けた。
   3 .
合成樹脂製可とう電線管(CD管)を直接コンクリートに埋め込んで施設した。
   4 .
金属管を点検できない隠ぺい場所で使用した。
( 第二種 電気工事士試験 平成25年度下期 問20 )
このページは問題閲覧ページの為、解答履歴が残りません。
解答履歴を残すには、
条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (4件)

105
答えは2です。電線管の中で電線を接続することは電気工事において禁止、ボックスの中に引き入れてそこで接続すると覚えておくのが良いです。

付箋メモを残すことが出来ます。
26
「2」が正答です。

問題は、合成樹脂管工事となりますが、どの工事においても電線の接続はアウトレットボックス等、必ずボックス内で行わなければならず、電線管内での接続は認められておりません。

21
これは工事方法として禁止事項でもある事が回答内に含まれているので、それを見分ける事で答えを出す事ができます。

答えは、「2」となります。

電線菅の中で接続する事は禁止されており、金属管はもちろんですが、合成樹脂菅であっても禁止となっているので答えは「2」となるのです。

20
電線管の中に電線の接続箇所を設けてはいけないことになっています。
電線の接続は必ずジョイントボックスを使用して行うこととなっています。
正解は「2」となります。

問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この第二種電気工事士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。