第二種電気工事士の過去問
平成25年度上期
一般問題 問10

このページは問題個別ページです。
正解率や解答履歴を残すには、「条件を設定して出題する」をご利用ください。

問題

第二種 電気工事士試験 平成25年度上期 問10 (訂正依頼・報告はこちら)

定格電流30[A]の配線用遮断器で保護される分岐回路の電線(軟銅線)の太さと、接続できるコンセントの図記号の組合せとして、適切なものは。ただし、コンセントは兼用コンセントではないものとする。

次の問題へ

正解!素晴らしいです

残念...

この過去問の解説 (4件)

01

この問題のポイントは2つ。

まず、コンセントの図記号全てについている数字は口数です。1と2は何も表記されていないので100V15A用のコンセントですから合いません。

それと遮断機が30Aということもありますが、出題される傾向も分岐回路が30Aの時を覚えておくと早いと思います。30Aの回路において、コンセントは20~30A、電線の太さは単線で太さ2.6mm以上、より線で断面積5.5mm2以上です。

よって答えは3です。

参考になった数98

02

定められている内容として定格30Aの配線用遮断器を使用する場合は20A以上30A以下のコンセントしか使用できず、断面積5.5mm²以上の電線を接続しなければならないので、答えは「3」となります。

参考になった数31

03

「3」が正答です。

根拠は、電気設備技術基準・解釈 第149条によります。

30Aの配線用遮断器で保護される分岐回路では、以下のようにしなければなりません。

・電線の太さは、2.6mm以上(または断面積5.5㎟以上)
・コンセントの定格電流は、20A以上30A以下のものを使用する

※コンセントの個数については規定されていません。

参考になった数17

04

電線の許容電流は2.0mmと3.5mm2では24A、5.5mm2では34Aとなるため、30Aの配線用遮断器に接続できる電線は5.5mm2のみとなります。
また、コンセントも30Aの配線用遮断器の2次側なので、20A以上に対応するコンセント器具が必要です。
したがって、「3」が正解となります。

参考になった数13