第二種電気工事士の過去問
平成25年度上期
一般問題 問28

このページは問題個別ページです。
正解率や解答履歴を残すには、「条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (2件)

01

第二種電気工事士は、一般用電気工作物のみ施工が認められています。自家用電気工作物については、500KW未満のものに関しては施工が認められていません。
したがって、「2」が正解となります。

参考になった数47

02

第2種電気工事士は一般住宅や店舗などの600V以下受電する設備の工事に従事できます。一般用電気工作物の作業のみです。よって2が答えです。

参考になった数30