過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種電気工事士の過去問 平成24年度下期 一般問題 問9

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
定格電流10[A]の電動機5台が接続された単相2線式の低圧屋内幹線がある。この幹線の太さを決定する電流の最小値[A]は。ただし、需要率は80[%]とする。
   1 .
40
   2 .
44
   3 .
50
   4 .
63
( 第二種 電気工事士試験 平成24年度下期 問9 )

この過去問の解説 (3件)

評価する
91
評価しない
まず定格電流の合計値は5台×10Aなので、50Aとなります。

次に需要率が80%なので、50×0.8で負荷電流は40Aとなり、50A以下となるので係数は1.25となります。

その係数を負荷電流の40に掛けると、40×1.25=50Aとなります。

よって答えは、「3」となります。


評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
22
評価しない
定格電流の合計は、
 10*5=50[A]
需要率=0.8なので、負荷電流は、
 50*0.8=40[A]

ただし、電動機の場合、負荷電流50A以下の場合は1.25倍の遮断器が必要となります。
電線についても、遮断器同様に負荷電流*1.25倍の許容電流以上の電線が必要になります。

よって、40[A]*1.25=50[A]となるので、「3」が正解となります。
評価後のアイコン
評価する
4
評価しない
幹線の太さを決める電流 I [A]は、電動機などの定格電流の合計 Im [A]と,それ以外(電熱器など)の負荷の定格電流の合計 Ih [A]とによって異なる計算式で求めます。
問題では
 Im =10×5=50A
  Ih =0A
Im>Ihで Imが50A以下なので、式は次のようになります。
 I ≧J (1.25 Im + Ih )
 J :需要率
式に代入し
I ≧0.8(1.25×50+0)
I ≧50

よって正解は3です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この第二種電気工事士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。