第二種電気工事士の過去問
平成24年度上期
一般問題 問10

このページは問題個別ページです。
正解率や解答履歴を残すには、「条件を設定して出題する」をご利用ください。

問題

第二種 電気工事士試験 平成24年度上期 問10 (訂正依頼・報告はこちら)

低圧屋内配線の分岐回路において、配線用遮断器、分岐回路の電線の太さ及びコンセントの組合せとして、適切なものは。ただし、分岐点から配線用遮断器までは3[m]、配線用遮断器からコンセントまでは8[m]とし、電線の数値は分岐回路の電線(軟銅線)の太さを示す。

次の問題へ

正解!素晴らしいです

残念...

この過去問の解説 (3件)

01

「1」30Aの配線用遮断器の2次側の配線は2.6mm以上の電線が必要です。
「2」20Aの配線用遮断器2次側には30Aのコンセントは取付できません。
「3」30Aの配線用遮断器の2次側には15Aのコンセントは接続できません。

したがって、「4」が正解となります。

参考になった数34

02

定格電流 20Aの回路に用いるコンセントの定格電流は 20A以下で、使用電線の最小太さは 1.6mm
定格電流 30Aの回路に用いるコンセントの定格電流は 20A以上30A以下で、使用電線の最小太さは 2.6mm

以上に当てはまるのは4です。

1は20A以上電流が流れてもブレーカーが遮断しないためコンセントが焼損する
2は普通に使っていてもブレーカーが遮断する
3は15A以上電流が流れてもブレーカーが遮断しないためコンセントが焼損する

ということがおきます。
よって正解は4です。

参考になった数11

03

まず定格30Aの場合では、20A以上30A以下のコンセントが必要なので「3」は除外され、同じ条件下では2.6mm以上の電線が必要なので「1」も除外されます。

次に定格20Aの場合では、20A以下のコンセントが必要となるので、「2」も除外となります。

よって答えは「4」となります。

参考になった数10