過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種電気工事士の過去問 平成22年度 一般問題 問28

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
電気工事士の義務又は制限に関する記述として、誤っているものは。
   1 .
電気工事士は、電気工事の作業に電気用品安全法に定められた電気用品を使用する場合は、同法に定める適正な表示が付されたものを使用しなければならない。
   2 .
電気工事士は、電気工事士法で定められた電気工事の作業を行うときは、電気工事士免状を携帯しなければならない。
   3 .
電気工事士は、電気工事士法で定められた電気工事の作業を行うときは、電気設備に関する技術基準を定める省令に適合するよう作業を行わなければならない。
   4 .
電気工事士は、住所を変更したときは、免状を交付した都道府県知事に申請して免状の書き換えをしてもらわなければならない。
( 第二種 電気工事士試験 平成22年度 問28 )

この過去問の解説 (3件)

評価する
18
評価しない
答えは「4」となります。

免状に記載されていない事項の変更は届ける必要はありません。
 ※記載事項は氏名と生年月日・交付番号と交付年月日・免状の種類
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
正解は 4 です。

住所が変更になった場合、書き換えの申請は必要ありません。氏名が変更になった場合は、都道府県知事に申請して免状の書き換えをしてもらわなければなりません。
評価後のアイコン
評価する
5
評価しない
正解は(4)です。

電気工事氏が住所を変更した場合、都道府県知事に申請は必要ないです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この第二種電気工事士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。