過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種電気工事士の過去問 平成27年度下期 一般問題 問22

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
D種接地工事を省略できないものは。
ただし、電路には定格感度電流 15mA、動作時間 0.1秒以下の電流動作型の漏電遮断器が取り付けられているものとする。
   1 .
乾燥した場所に施設する三相200V(対地電圧200V)動力配線の電線を収めた長さ3mの金属管
   2 .
水気のある場所のコンクリートの床に施設する三相200V(対地電圧200V)誘導電動機の鉄台
   3 .
乾燥した木製の床の上で取り扱うように施設する三相200V(対地電圧200V)空気圧縮機の金属製外箱部分
   4 .
乾燥した場所に施設する単相3線式100/200V(対地電圧100V)配線の電線を収めた長さ7mの金属管
( 第二種 電気工事士試験 平成27年度下期 一般問題 問22 )

この過去問の解説 (3件)

評価する
14
評価しない
D種接地工事に関する問題では乾燥と水気に関する問題が多くあります。

水気がある場所ではD種接地工事は省略出来ませんので、答は「2」となります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
問題文にある「定格感度電流 15A、動作時間 0.1秒以下の電流動作型の漏電遮断器」を水気のない場所に設置した場合、D種接地工事は省略できます。

【1】【3】【4】はどれも「乾燥した場所」となっていますので省略が可能です。

なので正解は
【2】. 水気のある場所のコンクリートの床に施設する三相200V(対地電圧200V)誘導電動機の鉄台

となります。
ただ、周囲が乾燥した場所であっても、コンクリートの床は「水気のある場所」の扱いになりますので注意が必要です。
評価後のアイコン
評価する
6
評価しない
「2」が正答です。

漏電遮断器のあるなしに関わらず、水気のある場所はD種接地工事を省略することはできません。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この第二種電気工事士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。