過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種電気工事士の過去問 平成30年度下期 一般問題 問15

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
系統連系型の太陽電池発電設備において使用される機器は。
   1 .
低圧進相コンデンサ
   2 .
パワーコンディショナ
   3 .
調光器
   4 .
自動点滅器
( 第二種 電気工事士試験 平成30年度下期 一般問題 問15 )

この過去問の解説 (3件)

評価する
15
評価しない
「2」が正答です。

パワーコンディショナは、太陽光発電システムで作った「直流電流」を「交流電流」に変換するための機器です。

その他は以下の通りです。

1.低圧進相コンデンサは、電動機などの負荷の力率改善に使用する機器です。
3.調光器は、電灯などの照明の明るさを調整するスイッチです。
4.自動点滅器は、周囲の明るさに応じて電灯などを自動的にON/OFFするスイッチです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
太陽電池発電設備に関する問題です。

1.誤りです。低圧進相コンデンサは、交流回路において、力率を改善するために用いられるものです。

2.正しいです。パワーコンディショナは、太陽電池で発電された直流電流を交流電流に変換するための装置です。

3.誤りです。調光器は、照明器具の光量を調節するために取り付けられるものです。

4.誤りです。自動点滅器は、周囲の明るさによって照明器具の点灯および消灯を自動的に行う装置です。街灯などに用いられています。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない

正解は2です。

この問題は出題科目「電気機器及び配線器具の設置」からの出題です。

この問題では下記の知識を求められています。

<必要知識>

◯太陽電池発電設備を理解している。

太陽光発電設備の仕組みは、太陽光パネルで発電した電力をパワーコンディショナに送り、商用電源に調整して系統連系しています。

太陽光パネルで発電した電力は直流で、交流の商用電源とは異なるため、発電したままの直流の電力では建物で使用できません。そこでパワーコンディショナを使って電力を直流から交流に変換して使用します。

それでは上記の必要知識及を使って問題を解いていきます。

解答1の低圧進相コンデンサは、電動機などの力率を改善させるための機器のため間違っています。

解答2のパワーコンディショナは、太陽光パネルで発電した直流の電力を交流に変化する機器のため正解です。

解答3の調光器は、照明器具の明るさを調節するために使用する機器のため間違っています。

解答4の自動点滅器は、周囲の明るさを感知して照明器具を点灯させたり消灯させる機器のため間違っています。

よって正解は2になります。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この第二種電気工事士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。