過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種電気工事士の過去問 平成30年度下期 一般問題 問16

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
写真に示す材料の名称は。なお、材料の表面には「タイシガイセンEM600V EEF/F1.6mm JIS JET<PS>E◯◯社タイネン 2017」が記されている。
問題文の画像
   1 .
無機絶縁ケーブル
   2 .
600Vビニル絶縁ビニルシースケーブル平形
   3 .
600Vポリエチレン絶縁耐燃性ポリエチレンシースケーブル平形
   4 .
600V架橋ポリエチレン絶縁ビニルシースケーブル
( 第二種 電気工事士試験 平成30年度下期 一般問題 問16 )

この過去問の解説 (3件)

評価する
22
評価しない
電線の種類に関する問題です。

「EM600V EEF」という表記に注目しましょう。
これは、低圧用の600Vポリエチレン絶縁耐燃性ポリエチレンシースケーブル平形を意味します。ゆえに正解は3番です。

【補足】
1番の無機絶縁ケーブルは「MI」、2番のビニル絶縁ビニルシースケーブル平形は「VVF」、4番の架橋ポリエチレン絶縁ビニルシースケーブルは「CV」と表記します。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
9
評価しない
「3」が正答です。

600Vポリエチレン絶縁耐燃性ポリエチレンシースケーブル平形はEM-EEFと表されます。

EM:ポリエチレン(絶縁体) EEF:耐燃性ポリエチレン(シース)

その他の表記は以下の通りです。

1 . 無機絶縁ケーブル:MI
2 . 600Vビニル絶縁ビニルシースケーブル平形:VVF
4 . 600V架橋ポリエチレン絶縁ビニルシースケーブル:CV
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない

正解は3です。

この問題は出題科目「電気機器・配線器具並びに電気工事用の

材料及び工具」からの出題です。

この問題では下記の知識を求められています。

<必要知識>

◯電気工事で使用するケーブルの種類、記号を暗記している。

暗記問題は点を取りやすため、取りこぼすことがないように暗記しましょう。

「タイシガイセンEM600V EEF/F1.6mm JIS JET<PS>E◯◯社タイネン 2017」にある「EM EEF」はポリエチレン絶縁耐燃性ポリエチレンシースケーブル平形を示します。

それでは問題を解いていきます。

解答1の無機絶縁ケーブルの表記は「MI」のため間違っています。

解答2の600Vビニル絶縁ビニルシースケーブル平形の表記は「VVF」のため間違っています。

解答3の600Vポリエチレン絶縁耐燃性ポリエチレンシースケーブル平形の表記は「EM EEF」のため正解です。

解答4の600V架橋ポリエチレン絶縁ビニルシースケーブルの表記は「CV」ケーブルのため間違っています。

よって正解は3になります。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この第二種電気工事士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。