過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種電気工事士の過去問 令和3年度上期 午前 一般問題 問13

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
電気工事の種類とその工事に使用する工具との組合せで、適切なものは。
   1 .
合成樹脂管工事とリード型ねじ切り器
   2 .
ライティングダクト工事と合成樹脂管用カッタ
   3 .
金属管工事とパイプベンダ
   4 .
金属線ぴ工事とボルトクリッパ
( 第二種 電気工事士試験 令和3年度上期 午前 一般問題 問13 )

この過去問の解説 (3件)

評価する
7
評価しない

1のリード型ねじ切り器は、金属管のねじを切るのに使用するので誤りです。

2のライティングダクト工事に合成樹脂管は使用しないので、それを切るカッタは使用しません。よって誤りです。

3のパイプベンダは、金属管を曲げる工具なので正しい記述です。

4のボルトクリッパは架空配線にする際に張るワイヤーを切るものです。また、線ぴ工事は漢字で「線樋」と書きます。モールやレースウェイなどの樋に配線を収める工事なので、ワイヤーやボルトクリッパは使わないため誤りです。

よって正解は3です。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない

正解は3です。

この問題は出題科目「電気機器・配線器具並びに電気工事用の

材料及び工具の使用方法」からの出題です。

この問題では下記の知識を求められています。

<必要知識>

◯電気工事の種類ごとに使用する工具、およびその用途を理解している。

それでは上記の必要知識を使って問題を解いていきます。

解答1の合成樹脂管工事では、ねじ切りをする場面はなく不適切です。

ねじ切りは金属管で使用します。

解答2のライティングダクト工事では、熱に弱い合成樹脂を使用する場面はなく

不適切です。合成樹脂管用カッタは合成樹脂菅の切断に使用します。

解答3の金属管工事では、金属管を曲げる時にパイプベンダを使用するため適切です。

解答4の金属線ぴ工事では、鉄筋や鎖など硬い金属を切断する

ボトルクリッパを使用する場面はなく不適切です。

ボトルクリッパは建設・土木工事でもよく使用されます。

よって正解は3になります。

評価後のアイコン
評価する
3
評価しない

正解は3です。

工具に着目します。

1は、ねじ切り機を使用しています。

ねじ切り機は厚鋼電線管などの端部の接続の際にねじを切るときに使用されます。

2は、合成樹脂管用カッターを使用しています。

合成樹脂管用カッターは、合成樹脂管の切断に使用されます。

4は、ボルトクリッパーを使用しています。

ボルトクリッパ―は、てこの原理で線材や棒鋼などを切断するのに使用されます。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この第二種電気工事士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。