過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種電気工事士の過去問 令和3年度上期 午後 一般問題 問22

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
D種接地工事を省略できないものは。
ただし、電路には定格感度電流30mA、動作時間0.1秒の漏電遮断器が取り付けられているものとする。
   1 .
乾燥した場所に施設する三相200V(対地電圧200V)動力配線を収めた長さ4mの金属管。
   2 .
乾燥した木製の床の上で取り扱うように施設する三相200V(対地電圧200V)誘導電動機の鉄台。
   3 .
乾燥したコンクリートの床に施設する三相200V(対地電圧200V)ルームエアコンの金属製外箱部分。
   4 .
乾燥した場所に施設する単相3線式100/200V(対地電圧100V)配線の電線を収めた長さ8mの金属管。
( 第二種 電気工事士試験 令和3年度上期 午後 一般問題 問22 )

この過去問の解説 (3件)

評価する
19
評価しない

正解は3です。

この問題は出題科目「電気工事の施工方法」からの出題です。

この問題では下記の知識を求められています。

<必要知識>

◯D種接地工事が省略できる条件を暗記している。

接地工事には、A種、B種、C種、D種の4種類があります。
D種接種工事は筆記試験によく出題されます。

D種接種工事は300[V]以下の低圧機器の接地工事です。

このD種接種工事は、ある条件では接地工事を省略することが出来ます。

この知識があれば、接地工事の費用削減につながります。

それでは上記の必要知識を使って問題を解いていきます。

解答1の金属管工事では、乾燥した場所でかつ金属管の長さ4[m]以下のため省略可能です。

解答2では乾燥した木製の床の上で取り扱っています。

木製は絶縁性のため省略可能です。

解答3では乾燥したコンクリートの床に施設しています。

コンクリートには湿気があり、水気や湿気がある場所では省略できません。

解答4では乾燥した場所で、かつ対地電圧100[V]になっています。

対地電圧150[V]以下で乾燥した場所では省略可能です。

よってD種接地工事が省略できないのは3になり、正解は3です。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない

正解は、 3 です。

D種接地工事を省略できる場合の条件を選ぶ問題です。

接地とは、電気回路の一部を導線で電気的に大地と接続する事をいいます。

アースをとるともいいます。接地工事は、感電や火災の防止を目的に

行われます。接地工事は、条件によりA~D種に区分されます。

A種:避雷器、高圧変圧器、高圧電動機等の金属ケース及び鉄台に施す

接地工事をいう。

B種:変圧器の低圧側に施す接地工事をいう。

   (高圧との混触時の事故防止) 

C種:300Vを超える低圧の電動機の外箱や鉄台、

金属管配線工事等に施す接地工事をいう。

D種:300V以下の低圧電気器具等の外箱や鉄台に施す接地工事をいう。

D種接地工事の省略条件が問われていますので条件をみていきます。

省略条件は、設置する機器が乾燥していて、絶縁物で

区切られているような場合です。具体的に選択肢ごとに見ていきます。

選択肢1

「乾燥した場所に施設する三相200V(対地電圧200V)動力配線を収めた

長さ4mの金属管」との記述ですが、金属管工事においては、

使用電圧が300V以下で乾燥した場所において管長が4m以下である場合は、

接地工事を省略できます。

選択肢2

「乾燥した木製の床の上で取り扱うように施設する三相200V

(対地電圧200V)誘導電動機の鉄台」との記述ですが、使用電圧300V

以下の低圧機器を乾燥したゴム板のような絶縁物(木材も絶縁物)

の上で取り扱うように設置する場合においては、接地工事を省略できます。

選択肢3

「乾燥したコンクリートの床に施設する三相200V(対地電圧200V)

ルームエアコンの金属製外箱部分」との記述ですが、

乾燥したコンクリート床は、木材やゴムのような絶縁体とは違うと

考えられます。よって、接地工事の省略条件にあてはまりません。

選択肢4

「乾燥した場所に施設する単相3線式100/200V(対地電圧100V)

配線の電線を収めた長さ8mの金属管」との記述ですが、

金属管工事において対地電圧150V以下の場合は、乾燥した場所又は、

人が容易に触れない場所においては、管長8m以下であれば、

接地工事を省略できます。

以上により、正解は、 3 になります。

因みに、漏電遮断器が設置されている旨の記述がありますが、

「定格感度電流30mA、動作時間0.1秒」では接地工事の省略条件を

満たしません。条件を満たしている漏電遮断器は、

「定格感度電流15mA、動作時間0.1秒」の能力をもった漏電遮断器です。

評価後のアイコン
評価する
1
評価しない

1:○

長さ4m以下の金属管を乾燥した場所に施設する場合、接地工事を省略することができます。

よって、正しい選択肢です。

2:○

低圧用の電気機械器具を乾燥した木製の床の上で取り扱うように施設する場合は、接地工事を省略することができます。

よって、正しい選択肢です。

3:×

接地工事を省略することができるのは、乾燥した木製の床の上で取り扱う場合です。

コンクリートは吸湿性があるため、乾燥しているか否かに関わらず接地工事を省略することができません。

よって、誤った選択肢です。

4:○

対地電圧が150V以下で、配線の電線を収めた長さ8m以下の金属管を乾燥した場所に施設する場合は、接地工事を省略することができます。

よって、正しい選択肢です。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この第二種電気工事士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。