過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種電気工事士の過去問 令和3年度下期 午前 一般問題 問11

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
金属管工事において使用されるリングレジューサの使用目的は。
   1 .
アウトレットボックスのノックアウト(打ち抜き穴)の径が、それに接続する金属管の外径より大きいときに使用する。
   2 .
金属管相互を直角に接続するときに使用する。
   3 .
金属管の管端に取り付け、引き出す電線の被覆を保護するときに使用する。
   4 .
両方とも回すことのできない金属管相互を接続するときに使用する。
( 第二種 電気工事士試験 令和3年度下期 午前 一般問題 問11 )

この過去問の解説 (3件)

評価する
7
評価しない

正解は1です。

この問題は出題科目「電気機器・配線器具並びに電気工事用の材料及び工具の使用方法」からの出題です。

この問題では下記の知識を求められています。

<必要知識>

◯リングレジューサの使用方法を理解している。

リングレジューサはボックスの打ち抜き穴が菅の外径よりも大きい時にその隙間を埋めるために使用します。

それでは上記の必要知識を使って問題を解いていきます。

解答1のアウトレットボックスのノックアウト(打ち抜き穴)の径が、それに接続する金属管の外径より大きいときにリングレジューサを使用するため正解です。

解答2の金属管相互を直角に接続するときに使用するのはユニバーサルのため不正解です。

解答3の金属管の管端に取り付け、引き出す電線の被覆を保護するときに使用するのは絶縁ブッシングのため不正解です。

解答4の両方とも回すことのできない金属管相互を接続するときに使用するのはユニオンカップリングのため不正解です。

よって正解は1になります。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない

正解は、 1 です。

それぞれ選択肢ごとに解説いたします。

選択肢1

リングレジューサは、アウトレットボックスなどに金属管を挿入する際、

ボックスに空いた穴が金属管より大きい径の場合、

管をボックスに隙間なく固定する為に、2つ一組で使用いたします。

レジューサは、(英:reducer)と表記され、もともとは「径を絞る」

という意味で使用されています。この場合、ボックスの穴の径を小径に絞っています。

リングレジューサの使用目的として、正しい記述です。

選択肢2

金属管相互を直角に接続する時に使用するものは、ユニバーサルです。

選択肢3

金属管の端には、エントランスキャップや、ウェザーキャップ、

ターミナルキャップ、サービスキャップ、絶縁ブッシングを使用します。

選択肢4

両方とも回すことのできない金属管相互を接続するときに使用するのは、

ユニオンカップリングです。

よって、正解は、 1 になります。

評価後のアイコン
評価する
0
評価しない

1:○

2:×

3:×

4:×

金属管工事においてリングレジューサを使用する目的は、アウトレットボックスのノックアウト(打ち抜き穴)の径が、それに接続する金属管の外径より大きいときに、径を合わせるためです。

よって、1が正解となります。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この第二種電気工事士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。