過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種電気工事士の過去問 令和3年度下期 午前 一般問題 問19

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
低圧屋内配線工事で、600Vビニル絶縁電線(軟銅線)をリングスリーブ用圧着工具とリングスリーブE形を用いて終端接続を行った。接続する電線に適合するリングスリーブの種類と圧着マーク(刻印)の組合せで、a〜dのうちから不適切なものを全て選んだ組合せとして、正しいものは。
問題文の画像
   1 .
a、b
   2 .
b、c
   3 .
c、d
   4 .
a、d
( 第二種 電気工事士試験 令和3年度下期 午前 一般問題 問19 )

この過去問の解説 (3件)

評価する
7
評価しない

正解は2です。

この問題は出題科目「配線図」からの出題です。

この問題では下記の知識を求められています。

<必要知識>

◯リングスリーブの大きさと電線、刻印の組み合わせを理解している。

リングスリーブの使用条件は下記になります。

・VVF1.6の断面積は2mm

・VVF2.0の断面積は3.5mm

・断面積の合計が8mm以下ならリングスリーブは小を使用

・断面積の合計が8mmを超え14mm未満ならリングスリーブは中を使用

・VVF1.6が2本の場合は圧着マークは極小◯

・リングスリーブ小で使用する圧着マークは小

・リングスリーブ中で使用する圧着マークは中

※例外として下記の場合はリングスリーブは中を使用します。

・単線2.6mm+1.6mm

・単線2.0が4本

それでは上記の必要知識を使って問題を解いていきます。

解答aの合計断面積

=2mm+2mm=4mmのため、

リングスリーブは小、

圧着マークはVVF1.6が2本のため極小◯、

よって正解です。

解答bの合計断面積

=2mm+2mm+3.5mm=7.5mmのため、

リングスリーブは小、

圧着マークは小、

よって不適切です。

解答cの合計断面積

=2mm+2mm+2mm+2mm=8mmのため

リングスリーブは小、

圧着マークは小、

よって不適切です。

解答dの合計断面積

=2mm+3.5mm+3.5mm=9mmのため

リングスリーブは中、

圧着マークは中、

よって正解です。

不適切なb、cを選択し、正解は2になります。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない

1:×

2:○

3:×

4:×

リングスリーブは、接続する電線の合計断面積で使用する大きさと圧着マークを選びます。

600Vビニル絶縁電線の場合、電線の太さ1.6mmは断面積2mm2、電線の太さ1.6mmは断面積3.5mm2で計算します。

リングスリーブは合計の断面積8mm2以下は小、8mm2を超え14mm2は中、14mm2以上は大を用い、太さ1.6mmの電線を2本接続する場合のみ○を刻印します。

a…1.6mmを2本接続ですので、小のリングスリーブに○を刻印します。正しい組合せです。

b…合計の断面積は2×2+3.5=7.5mm2ですので、小のリングスリーブに小を刻印します。誤った組合せです。

c…合計の断面積は2×4=8mm2ですので、小のリングスリーブに小を刻印します。誤った組合せです。

d…合計の断面積は2+3.5×2=9mm2ですので、中のリングスリーブに中を刻印します。正しい組合せです。

よって、不適切なものはbとcですので、正解は2となります。

評価後のアイコン
評価する
1
評価しない

正解は、 2 です。

実際の工事における電線の結線時に使用するリングスリーブと

圧着ペンチの刻印の組み合わせを答える問題です。

以下に回答のポイントを解説いたします。

① リングスリーブの「小」と「中」の選択の仕方

単線1.6㎜=より線2㎟に相当します。又、

単線2㎜=より線3.14㎟に相当します。

結線する断面積の合計が8㎟以下は、リングスリーブ「小」を使用します。

結線する断面積の合計が8㎟~14㎟以下の場合は、リングスリーブ「中」を使用します。

結線する断面積の合計が14㎟~16.5㎟の場合は、

リングスリーブ「大」を使用します。

② 圧着ペンチの刻印

※刻印は、「○」「小」「中」「大」があります。

・1.6mm線2本の場合は、刻印「○」を使用します。

・それ以外のリングスリーブ小を使用する場合、刻印「小」を使用します。

・リングスリーブ中を使用する場合は、刻印「中」を使用します。

・リングスリーブ大を使用する場合は、刻印「大」を使用します。

上記を踏まえて問題を解いていきます。

a 1.6㎜2本の場合

2.0㎟2本に相当するので結線する断面積の合計は、4.0㎟です。

ですから、リングスリーブ「小」を使用し、刻印は「○」になります。

表は、正しい記述です。

 1.6㎜2本と2.0㎜1本の場合

結線する断面積の合計は、2.0㎟2本、3.14㎟1本ですので、

合計7.14㎟になります。ですから、リングスリーブ「小」を使用し、

刻印も「小」になります。表は、誤った記述になります。

 1.6㎜4本の場合

結線する断面積の合計は、2.0㎟4本ですので、合計8.0㎟になります。

ですから、リングスリーブ「小」を使用し、刻印も「小」になります。

表は、誤った記述になります。

 1.6㎜1本と2.0㎜2本の場合

結線する断面積の合計は、2.0㎟1本、3.14㎟2本ですので、

合計8.28㎟になります。

ですから、リングスリーブ「中」を使用し、刻印も「中」になります。

表は、正しい記述になります。

よって、表の誤った記述の組み合わせは、b、cになりますので、

正解は、2になります。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この第二種電気工事士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。