過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種電気工事士の過去問 令和3年度下期 午前 一般問題 問21

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
使用電圧200Vの三相電動機回路の施工方法で、不適切なものは。
   1 .
湿気の多い場所に1種金属製可とう電線管を用いた金属可とう電線管工事を行った。
   2 .
造営材に沿って取り付けた600Vビニル絶縁ビニルシースケーブルの支持点間の距離を2m以下とした。
   3 .
金属管工事に600Vビニル絶縁電線を使用した。
   4 .
乾燥した場所の金属管工事で、管の長さが3mなので金属管のD種接地工事を省略した。
( 第二種 電気工事士試験 令和3年度下期 午前 一般問題 問21 )

この過去問の解説 (3件)

評価する
7
評価しない

正解は、 1 です。

使用電圧200Vの三相電動機回路の施工方法に関する問題です。

選択肢ごとに解説いたします。

選択肢1

金属製可とう電線管を用いた金属可とう電線管工事に関する条件です。

「可とう」とは、曲げる事が出来る。という意味です。

管の様に直線でない部分に用います。金属製可とう電線管は、

1種と2種があり、使用できる場所の条件が違います。

1種:展開した場所、点検できる隠蔽場所、かつ、

乾燥した場所において使用できる。

2種:場所の制限はありません。

上記の条件を当てはめると、1種金属可とう電線管は使用できません。

よって、誤った記述となります。

選択肢2

ケーブル工事におけるケーブルの支点間距離は、原則2mとなっています。

よって、正しい記述です。

選択肢3

金属管工事は、金属管へ電気的に接続してはいけない為、

ビニル絶縁電線を使用します。よって、正しい記述です。

選択肢4

D種接地工事は、乾燥した場所の金属管工事で、管の長さが

4m以下の場合省略できますので、正しい記述です。

よって、正解は、 1 になります。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない

正解は1です。

この問題は出題科目「電気工事の施工方法」からの出題です。

この問題では下記の知識を求められています。

<必要知識>

◯電気工事における施工場所の条件や使用可能材料の規定を暗記している。

・湿気の多い場所を含むすべての場所に施工できる工事は下記です。

ケーブル工事、金属管工事、CD菅以外の合成樹脂管工事、2種金属可とう電線管工事

・1種金属可とう電線管工事は乾燥しかつ点検できる隠ぺい場所でしか施設できません。

・ケーブル工事の支持点間は2m以下です。

・金属管工事で使用できるのは屋外配線OW線、DV線を除く絶縁電線です。

・金属製の電線管や線ぴ工事でD種設置工事を省略するには、乾燥した場所で菅の長さが4m以下の場合に可能です。

それでは上記の必要知識を使って問題を解いていきます。

解答1の1種金属可とう電線管工事は湿気の多い場所では施工できないため不適切です。

解答2のケーブル工事では支持点間の距離を2m以下にしているため適切です。

解答3の金属管工事に絶縁電線を使用しているため適切です。

解答4の金属管工事でD種接地工事を省略する条件(乾燥した場所、菅の長さが4m以下)を満たしているため適切です。

よって正解は1になります。

評価後のアイコン
評価する
1
評価しない

1:×

2:○

3:○

4:○

不適切な選択肢は1です。

湿気の多い場所に1種金属製可とう電線管を用いた電線管工事は工事不可です。

重量物の圧力や衝撃を受ける場所も施設できません。

その他は全て正しい記述です。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この第二種電気工事士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。