過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種電気工事士の過去問 令和3年度下期 午前 配線図 問44

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
図は、木造3階建住宅の配線図である。この図に関する次の問いに対して、答えを1つ選びなさい。

【注意】
1. 屋内配線の工事は、特記のある場合を除き600Vビニル絶縁ビニルシースケーブル平形(VVF)を用いたケーブル工事である。
2. 屋内配線等の電線の本数、電線の太さ、その他、問いに直接関係のない部分等は省略又は簡略化してある。
3. 漏電遮断器は、定格感度電流30mA、動作時間0.1秒以内のものを使用している。
4. 選択肢(答え)の写真にあるコンセント及び点滅器は、「JIS C 0303:2000 構内電気設備の配線用図記号」で示す「一般形」である。
5. ジョイントボックスを経由する電線は、すべて接続箇所を設けている。
6. 3路スイッチの記号「0」の端子には、電源側又は負荷側の電線を結線する。

⑭で示すボックス内の接続をリングスリーブで圧着接続した場合のリングスリーブの種類、個数及び圧着接続後の刻印との組合せで、正しいものは。
ただし、使用する電線は特記のないものはVVF1.6とする。
また、写真に示すリングスリーブ中央の◯、小、中は刻印を表す。
問題文の画像
   1 .
回答選択肢の画像
   2 .
回答選択肢の画像
   3 .
回答選択肢の画像
   4 .
回答選択肢の画像
( 第二種 電気工事士試験 令和3年度下期 午前 配線図 問44 )

この過去問の解説 (3件)

評価する
2
評価しない

正解は、 4 です。

⑭で示すVVF用ジョイントボックス内の電線接続に使用する

リングスリーブの形状と刻印の組み合わせを答える問題です。

回答手順を示します。

①配線図から複線図を書きます。

②接続部の電線数を確認します。

③使用するリングスリーブを選択します。

以上から解説いたします。

①配線図から複線図を書きます。

配電盤bから電源が来ます。使用機器は、プルスイッチ付き壁付け蛍光灯、

ボックスなし蛍光灯、ボックスなし蛍光灯用単極スイッチです。

配電盤bから機器接続後、電源線を⑮ジョイントボックスへ渡します。

注意点は、配電盤bからの電線は、2.0㎜のVVFケーブルだという事です。

複線化手順は、

1.使用機器を書く。

2.非接地線を負荷機器につなぐ。

3.電源線をスイッチにつなぐ。

4.スイッチと負荷機器をつなぐ。です。

②接続部の電線数を確認します。

ジョイントボックス内接続部は、3か所になります。

A.電源線:1.6㎜×3本、2.0㎜×1本。合計4本。

B.接地線:1.6㎜×3本、2.0㎜×1本。合計4本。

C.スイッチ→負荷機器:1.6㎜×2本。合計2本。

③使用するリングスリーブを選択します。

暗記しても良いのですが、接続断面積を求める事でも使用リングスリーブを

求める事が出来ます。単線1.6㎜は、より線2.0㎟に換算でき、単線2.0㎜は、

より線3.14㎟に換算できます。接続部の断面積の合計が8㎟以下の場合は、

リングスリーブを使用します。又、8㎟~14㎟以下は、リングスリーブ

使用します。それを、踏まえて上記A~Cを計算します。

A:2.0㎟×3本+3.14㎟×1本=9.14㎟。よって、Aはリングスリーブ中を使用します。

B:Aと同様になります。よって、Bもリングスリーブ中を使用します。

C:2.0㎟×2本=4.0㎜。よって、Cは、リングスリーブ小を使用します。

刻印は、1.6㎜2本の場合のみ○を使用し、他は、リングスリーブ形状の記号になります。

上記により、正解は、 4 になります。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない

正解は4です。

この問題は出題科目「配線図」からの出題です。

この問題では下記の知識を求められています。

<必要知識>

◯複線図を理解している。

◯リングスリーブの大きさと電線の断面積の組み合わせを理解している。

リングスリーブの使用条件は下記になります。

・VVF1.6の断面積は約2mm

・VVF2.0の断面積は約3.5mm

・電線の合計断面積が8mm以下ならリングスリーブは小。

・VVF1.6が2本の接続点では刻印は極小「◯」

・電線の合計断面積が8mmを超え14mm未満ならリングスリーブは中。

それでは上記の必要知識を使って問題を解いていきます。

⑭のボックス内では、下記が接続されています。

電源bからの接地側電線が⑭のジョイントボックス内で(右上の壁付蛍光灯、右の蛍光灯「サ」、左下のジョイントボックス)に分岐され接地側電線4本の接続点が出来ます。

この接続点では

VVF2.0×1本+VVF1.6×3本=合計断面積9.5mm

合計断面積8mmを超え14mm未満のため使用するリングスリーブは中になります。

電源bからの非接地側電線がボックス内で(右上の壁付蛍光灯のプルスイッチ、左下スイッチ「サ」、左下のジョイントボックス)に分岐され非接地側電線4本の接続点が出来ます。

この接続点では

VVF2.0×1本+VVF1.6×3本=合計断面積9.5mm

合計断面積8mmを超え14mm未満のため使用するリングスリーブは中になります。

スイッチ「サ」と蛍光灯「サ」を接続し、電線2本の接続点が出来ます。

VVF1.6×2本=合計断面積4mm

電線の合計断面積が8mm以下ならリングスリーブは小で、かつVVF1.6が2本のため、刻印は極小「◯」になります。

よって⑭のジョイントボックスで使用するリングスリーブは、中が2個、極小が1個になり正解は4になります。

評価後のアイコン
評価する
0
評価しない

1:×

2:×

3:×

4:○

この問題は、⑭のジョイントボックス部分の複線図を描く必要があります。

複線図を描くと、まずbからの電源線が上へと伸びる照明、サのスイッチ、下側のジョイントボックスの電源線と接続されます。

ここで、bからの電源は配線の傍記にVVF2.0とあります。VVF2.0は断面積3.5mm2で計算し、VVF1.6は断面積2.0mm2で計算します。

上記から、この部分に接続される電線の合計断面積は3.5+(2.0×3)=3.5+6.0=9.5mm2となります。

接続される電線の断面積が合計8mm2を超え、14mm2未満の場合、リングスリーブは中を使用し、中を刻印します。

続いて、bからの接地線が上の照明、サの照明、下側のジョイントボックスの接地線とそれぞれ接続されます。

こちらも同様に、VVF2.0とVVF1.6で接続され、接続される電線の合計断面積は3.5+(2.0×3)=9.5mm2となります。

接続される電線の断面積が合計8mm2を超え、14mm2未満の場合、リングスリーブは中を使用し、中を刻印します。

最後に、サのスイッチとサの照明の電源線が接続されます。

こちらはVVF1.6が2本の接続となります。

VVF1.6を2本接続する場合のみ、リングスリーブは小を使用し、〇を刻印します。

以上をまとめると、使用するリングスリーブと刻印の組合せは、中の刻印をした中が2つ、〇の刻印をした小が1つ、となります。

よって、4が正解となります。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この第二種電気工事士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。