過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種電気工事士の過去問 令和4年度上期 午前 一般問題 問10

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
定格電流30Aの配線用遮断器で保護される分岐回路の電線(軟銅線)の太さと、接続できるコンセントの図記号の組合せとして、適切なものは。
ただし、コンセントは兼用コンセントではないものとする。
   1 .
回答選択肢の画像
   2 .
回答選択肢の画像
   3 .
回答選択肢の画像
   4 .
回答選択肢の画像
( 第二種 電気工事士試験 令和4年度上期 午前 一般問題 問10 )

この過去問の解説 (3件)

評価する
2
評価しない

正解は 4 . 断面積5.5㎟ 20A2 です。

定格電流30Aの配線用遮断器で保護される分岐回路において、使用できる電線(軟銅線)の太さは、2.6㎜ または 5.5㎟ です。使用できるコンセントの定格電流は、20A~30Aです。

コンセントの図記号において、電流表示のないものは、定格電流15Aで、コンセントの口数は関係しません。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない

正解は 4 になります。

まず定格30[A] のブレーカーに接続できるのは 30[A]とその1つ下の20[A]のコンセントになります。

アンペア数が書いていないコンセントは15[A]なので1と2は不適切です。

30Aのブレーカの電線太さは2.6mm以上になります。

3. の 2.0mm は少し足りませんね。

4. のほうは計算してみると 1.3×1.3×3.14 =5.3 なので5.5mm2なら大丈夫ということになります。

わからない場合は以下のように絞ってください。

①ブレーカの定格電流より大きくなく、かつ下側にも離れていないコンセントの選択肢

②そのなかで一番太い線を利用しているもの。直径の場合は2で割って半径にして、半径×半径×3.14を計算。

評価後のアイコン
評価する
0
評価しない

答えは(4)「断面積 5.5mm2 20A2」です。

図記号はコンセント(壁付け)で、添字の2は2口という意味です。

電線には通電することができる電流値(許容電流)が決められています。単線の場合は太さ、より線の場合は複数の素線の断面積によって許容電流が違います。

断面積5.5mm2のより線の場合、許容電流は49Aまでとなります。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この第二種電気工事士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。