過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種電気工事士の過去問 令和4年度上期 午後 一般問題 問14

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
三相誘導電動機の始動において、全電圧始動(じか入れ始動)と比較して、スターデルタ始動の特徴として、正しいものは。
   1 .
始動時間が短くなる。
   2 .
始動電流が小さくなる。
   3 .
始動トルクが大きくなる。
   4 .
始動時の巻線に加わる電圧が大きくなる。
( 第二種 電気工事士試験 令和4年度上期 午後 一般問題 問14 )

この過去問の解説 (2件)

評価する
0
評価しない

正解は2です。

スターデルタ始動は、始動時の固定巻線をY結線にし、回転数が安定して始動電流が減少したらΔ結線にするという始動法です。

Y結線では、相電圧は線間電圧の1/ √3になるという性質があります。始動時には定格電圧の1/ √3の電圧が固定巻線に印加されるため、4は誤りです。

始動時の相電圧は定格電圧と比較して1/ √3倍なので、それに伴って電流も減少します。

よって、2が正解です。

全電圧(じか入れ)始動法は全電圧を印加する分、電流、トルクも大きくなります。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない

正解は2です。

三相誘導電動機は全電圧始動とスターデルタ始動があります。

・全電圧始動(三相巻線方誘導電動機)…始動が容易だが始動トルクが大きく始動電流も大きい

・スターデルタ始動(三相かご方誘導電動機)…始動トルクと始動電流が小さい(1/3)

したがって2番が答えとなります。

三相誘導電動機に関する問題はほかに三相誘導電動機の同期速度(回転速度)についての問題と、結線を2本入れ替えると逆回転する、という問題が頻出となっています。

同期速度Ns=120×f/p [min-1]

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この第二種電気工事士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。