過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種電気工事士の過去問 令和4年度上期 午後 一般問題 問19

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
600Vビニル絶縁ビニルシースケーブル平形1.6mmを使用した低圧屋内配線工事で、絶縁電線相互の終端接続部分の絶縁処理として、不適切なものは。
ただし、ビニルテープはJISに定める厚さ約0.2mmの電気絶縁用ポリ塩化ビニル粘着テープとする。
   1 .
リングスリーブ(E形)により接続し、接続部分をビニルテープで半幅以上重ねて3回(6層)巻いた。
   2 .
リングスリーブ(E形)により接続し、接続部分を黒色粘着性ポリエチレン絶縁テープ(厚さ約0.5mm)で半幅以上重ねて3回(6層)巻いた。
   3 .
リングスリーブ(E形)により接続し、接続部分を自己融着性絶縁テープ(厚さ約0.5mm)で半幅以上重ねて1回(2層)巻いた。
   4 .
差込形コネクタにより接続し、接続部分をビニルテープで巻かなかった。
( 第二種 電気工事士試験 令和4年度上期 午後 一般問題 問19 )

この過去問の解説 (3件)

評価する
0
評価しない

正解は3です。

ビニルテープを用いる場合、半幅以上重ねて回(層)以上巻かなければなりません。

黒色粘着性ポリエチレン絶縁テープを用いる場合、半幅以上重ねて回(層)以上巻かなければなりません。

自己融着性絶縁テープを使用する場合、半幅以上重ねて回(層)以上巻いた後、その上から保護テープを半幅以上重ねて回以上巻かなければなりません。

差し込み型コネクタは接続部分が覆われているので、絶縁処理をする必要はありません。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない

答えは「3」の(リングスリーブ(E形)により接続し、接続部分を自己融着性絶縁テープ(厚さ約0.5mm)で半幅以上重ねて1回(2層)巻いた。)です。

まず、差込形コネクタによって接続した場合は,接続部分をテープ巻きする必要はなありません。

そして、自己融着性絶縁テープを用いる場合は「自己融着性絶縁テープを半幅以上重ねて 1 回以上巻き( 2 層以上),かつ,その上に保護テープを半幅以上重ねて 1 回以上巻く」というルールがあります。

よって、不適切なもので「3」の(リングスリーブ(E形)により接続し、接続部分を自己融着性絶縁テープ(厚さ約0.5mm)で半幅以上重ねて1回(2層)巻いた。)は「その上に保護テープを半幅以上重ねて 1 回以上巻く」という工程が抜けているため不適切だとわかります。

評価後のアイコン
評価する
0
評価しない

正解は3です。

実技試験用に機材を購入済みならわかるかと思いますが、リングスリーブは金属で、差し込み型コネクタはプラスチックの表面になっています。

したがって4はテープで巻かなくても絶縁できているので4は適切です。

1~3はテープを巻く必要があるのですが(※実技試験ではこの作業を省略します)、絶縁テープの材質によって何回まかなければいけないのかが異なります。

ビニルテープ(0.2mm)…「半幅以上重ねて2回以上(4層)」

黒色粘着性ポリエチレン絶縁テープ(0.5mm)…「半幅以上重ねて1回以上(2層)」

自己癒着性絶縁テープ(0.5mm)…「半幅重ねて1回以上(2層)、さらに保護テープを半幅以上重ねて1回以上」

今回の場合保護テープを利用せずに自己癒着性絶縁テープで巻いた3が正解となります。

「自己癒着性絶縁テープは引き延ばして使うため、保護テープが必要」「ビニールテープは薄いため2回巻きが必要」の2点を覚えておけば類題も大丈夫かと思います。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この第二種電気工事士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。