過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種電気工事士の過去問 令和4年度上期 午後 一般問題 問20

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
次表は使用電圧100Vの屋内配線の施設場所による工事の種類を示す表である。
表中のa~fのうち、「施設できない工事」を全て選んだ組合せとして、正しいものは。
問題文の画像
   1 .
b
   2 .
b, f
   3 .
e
   4 .
e, f
( 第二種 電気工事士試験 令和4年度上期 午後 一般問題 問20 )

この過去問の解説 (3件)

評価する
1
評価しない

これは難問になります。

まず、場所は、「展開した場所」「点検できる隠ぺい場所」「展開できない隠ぺい場所」でそれぞれ乾燥しているか湿気水気があるかで6パターンあります。

その6パターンにたいしてそれぞれ工事できる、できないが決まっています。

どれでもOKなのはケーブル工事、金属管工事、金属可とう電線管工事、合成樹脂管工事(CD管除く)の4つです。

金属線ぴ、金属ダクト、ライティングダクトは乾燥した場所で「展開している場所」「点検できる隠ぺい場所」で可能です。

今回はいずれも乾燥した場所なのでabcdは可能ということになります。

平形保護層工事は「点検できる隠ぺい場所で乾燥した場所」でのみ可能な工事です。

ちなみに「展開した場所で乾燥した場所」でできない工事はこれのみです。

カーペットの下などに平形ケーブルを施設するような工事なので見えてはまずいということでしょうか。

したがってeのみなので正解は3です。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない

正解は3です。

・ケーブル工事

・金属管工事

・合成樹脂管工事

・金属可とう電線管工事

この4つについてはどのような場所でも施工できます。

金属線ぴ工事は、使用電圧が300[V]以下かつ、

展開した場所、点検できる隠蔽場所で、どちらも乾燥している場所のみ施工できます。

平形保護層工事は使用電圧が300[V]以下かつ、点検できる乾燥した隠蔽場所のみ施工できます。

よって、e のみが不適切です。

評価後のアイコン
評価する
0
評価しない

答えは「3」になります。

電気工事は、施設する場所によって工事の種類が異なります。

そして、以下のグラフから「3」であることが分かります。

工事の種類       露出場所点検できる隠ぺい場所    点検できない隠ぺい場所

            乾燥した場所  その他の場所    乾燥した場所 その他の場所

金属管工事          ◎      ◎         ◎      ◎

合成樹脂管工事        ◎      ◎         ◎      ◎  

ケーブル工事         ◎      ◎         ◎      ◎ 

二重金属製

可とう電線管工事       ◎      ◎         ◎      ◎    

がいし引き工事        ◎      ◎ 

金属ダクト工事        ◎ 

金属線ぴ工事         ○

ライディングダクト工事    ○ 

平形保護層工事        ○ 

(○は300 V 以下に限ります。)

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この第二種電気工事士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。